よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

【氣志團公認?】スタンディング仙台について解説します。

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

今回はスタンディング仙台の成り立ちなどを解説していこうと思います。

 


スポンサードリンク

そもそもスタンディング仙台の原曲ってなに?

震災後の川崎フロンターレ戦で手倉森元監督が試合後のインタビューを受けていた時に歌ってたので個人的には希望の光と一緒に馴染んできたチャントでもあります。

スタンディング仙台の原曲は氣志團の有名な『スウィンギン・ニッポン』になります。

この曲の一部分を使っているんです。

チャント名もスウィンギン仙台→スタンディング仙台だったと記憶してます。

チャント名が変わった理由は東日本大震災にて氣志團がこのチャントを逆カバーして動画投稿してくれたからです。

震災後配信されたときは会社のトイレでこっそり聞いてました(笑)

その後氣志團はユアスタまで来てくれてハーフタイムにライブをしてくれてます。

 

元々は個人チャントだった

実はこのスタンディング仙台は元仙台所属のMF熊林親吾元選手の個人チャントでした。

熊林は2006年に仙台に加入しレギュラーとして出場してました。

翌年の2007年になると出場機会が減少、レンタルで徳島へ移籍。

この時に移籍したのはベガルタ仙台を昇格させるためにライバルチームの足を引っ張る為と新聞に出てた記憶があります。

ですが2007年をもって熊林は仙台を戦力外となってしまいました。

印象にあるのは最終節が徳島との対戦で試合後に熊林のチャントを歌ったことですね。

※動画タイトルが2008年ですが中身は2007年です。

 

ほかにもある氣志團原曲のチャント

氣志團の曲は一時期やたらと多かったイメージがありますがその中でもサポーターに人気があったのが旧ロペス(失礼)のチャントですね。

まぁ氣志團と言うかDJOzmaなんですけどね。

原曲が『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』で曲の振り付けを採用してサポーターどうして肩を組んだりしてました。

原曲はコチラ↓

そしてチャントがコチラ↓

ロペスとジョニウソンがとにかくノリノリで試合後に踊ってたのが印象にありました。

ロペスは2006年から2007年の2年間在籍。

翌年の2008年に人気だったこのロペスチャントを改良したんですけど・・・だったのでお蔵入りになりました。

 

実はハモン・ロペスが加入した時にこのチャントが復活するのかも?と噂になった事もあります。

 

という事で簡単になりますがスタンディング仙台の解説でした。

 

スタンディング仙台のまとめ

  • 元々は熊林の個人チャントがチームチャントになって出来た曲。
  • それをさらに氣志團が逆カバ―して現在の曲名になった。
  • 他にもDJOzmaなど氣志團系統のチャントがあった。

スタンディング仙台の原曲『スウィンギン・ニッポン』や『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』もすぐ無料で聴く方法

アマゾンのプライム会員、もしくはアマゾンミュージックの30日無料体験に登録すれば原曲を無料で聞くことが出来ます!

(既に会員ならすぐ聞けます)

▼▼▼▼▼▼▼コチラをタップ▼▼▼▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲コチラをタップ▲▲▲▲▲▲▲

チャントまとめへ戻る

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

 

 

 

 

 

3 件のコメント

  • 細かいことですが、スウィンギン日本→スウィンギン仙台→スタンディング日本→スタンディング仙台→逆カバー→スタジアムライブの時系列だったと記憶してます^ ^

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください