座席ガイド

【最安】自由席南の隠れた魅力を解説【対戦相手により席数が変わる】

ベガルタ仙台の観戦チケットでも最安なのは自由席南。

無料招待券で、自由席南はよく配られてた印象がありますね。

ズラタン
ズラタン
最安だから観戦しづらいんでしょー?

って思うかもしれませんがそんなことはありません!

ズラタン
ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

この記事では、自由席南の概要と、観戦したことがあるズラタンが隠れた魅力をお伝えしていこうと思います!

記事の最後には、自由席南からの画像を今回もフォロワーさんのご厚意で頂きましたので、掲載しておきます。

もし、無料招待券でもらったとしても、そこには価格以上の価値があるので、捨てたり、行くのをやめたりはしないでください!

自由席南の概要

まずは自由席南の概要をカンタンに解説してきます。

自由席南とは、サポーター自由席南と反対側にあり、ビジター自由席のとなりにある席種のことです。

価格は大人2,600円、23歳以下の人は500円です。

自由席南の座席数

自由席南の座席数は、コロナ前だと対戦相手により、販売枚数が増減されています。

なので、相手相手のサポーターがどれだけ来るか次第です。

つまり、浦和レッズ、モンテディオ山形、アルビレックス新潟とかだと、めっちゃ少なく(アウェイ側が広い)て、遠くてあまり来ないチームが対戦相手だと(自由席南が)広くなります。

この辺りは露骨に変わりますので、対戦相手には注意が必要です。

自由席南の隠れた魅力を解説

ズラタンが思う、自由席南の隠れた魅力は下記のようになります。

  • 普段見れない場所で観戦できる
  • 家族連れでも行きやすい
  • 価格が安く、チケットが手に入りやすい

では、それぞれ解説していきます。

普段見れない場所で観戦できる

コロナ禍以前の話になりますが、その日の気分によって観戦する場所を選ぶことができることです。

※コロナ禍の現在は完全指定席になっており、自由席という名前ですが、指定席化してます笑

自由席南の客層は、そこまで早く来場することがなく、試合開始1時間前くらいから込みだしてきます。

ズラタン
ズラタン
ただし、開幕戦やホーム最終戦は別だよ!

開門直前に来場すれば、最前列はもちろん、バックスタンド側ギリギリも座ることも可能ッ!

めっちゃコスパの良い席になってますね。

家族連れでも行きやすい

自由席南のコンコースには、キッズスペースが設置されています。

また、U-23割が適用されるので、ワンコインで座席を確保可能です。

めっちゃコスパの良い席になってますね(2回目)

価格が安く、チケットが手に入りやすい

自由席南はめっちゃコスパが良い席になってます(3回目)

自由席南は、ベガルタ仙台の応援中心部から離れているためか、売り切れになるのは最後の方です。

そのために、価格も安く(定価2,600円)、観戦するか迷っていて、土壇場で行くのを決めても、結構残ってたりします。

と、つらつらと解説してきましたが、価格以外に無いんかい!って思うかもしれません。

なので、隠れた魅力を紹介しましょう。

価格以外の自由席南の魅力

価格以外の魅力なんですが、ゴール裏最前列を取れることでしょうね。

場所が違うだけで最前列の価値は変わらない

自由席南はアウェイ側のとなりというだけで、あまり人気がありません(ズラタンの見解)けど、サポ自で最前列を取ろうと思ったら、並大抵の苦労では取れません。

指定席も、ソシオの優先販売があるので、一般で取るのは苦労が必要。

それを考えると、同じ最前列で、前を取れることは大きなメリットになります。

五橋周平さんがあるのもよい

スタグルも優れていると思っていて、自由席南のコンコースには居酒屋「五橋周平」さんが出店しています。

つけ麺やマテチキなど、人気スタグルが多数あります。

メインスタンド側やサポ自から歩くのって結構遠くてダルいんですよね。

それを考えると、近いのはラクで良いです。

自由席南の画像

ということで、自由席南の視点になります。

今回はレーミ一さん@Vegahooyaから画像をご厚意で頂きました!

前列の方だとやっぱり見やすくていいですね!

自由席南の隠れた魅力を解説まとめ

ということで自由席南の紹介でした。最後に今回の解説をまとめると、

まとめ
  • 自由席南はチケットの中でも最安で取りやすい。
  • 売れ行きがゆっくりなので、普段見れない場所でも見ることが可能。
  • コンコースにはキッズスペースや五橋周平さんがある
  • つまり、自由席南はめっちゃコスパがいい座席(4回目)

となっています。いつも見ている座席と違う視点でみたいときにはぜひ自由席南を検討してみるといいでしょう。

 

ユアスタのチケットの買い方はこちらの別記事で解説しています。

 

ユアスタの座席ガイドに戻る