勝ち点3を勝ち取る為のコンサドーレ札幌の分析!@札幌戦レビュー

初心者サポ
ズラタンさん!コンサドーレ札幌ってどんなチームなんですかぁ?
ズラタン
コンサドーレ札幌は去年まで浦和レッズの監督をしていたミシャ( ミハイロ・ペトロヴィッチ)が今年から指揮しているチームだよ!
初心者サポ
へーどんなチームなんですか?
ズラタン
そうだねぇ~基本システムは3-4-3でベガルタと一緒だけどやり方が若干違うと僕は思ってるよ!
初心者サポ
やり方ってなんですか?
ズラタン
じゃあ僕なりの認識を説明してみよう!

似て非なるもの?ベガルタとコンサドーレの違い

今回はベガルタとコンサドーレの3-4-3の違いを自分なりの解釈で説明したいと思います。

前提としてGKを除くと10人対10人な訳です。となると同じフォーメーションを

採用すれば自分の前には相手選手がいる形になりますね。

じゃあどうすればいいのかを考えるとフォーメーションを変えて数的優位を作る

という形になっているのが両チームです。

スタート時の配置は基本的に同じですが、ビルドアップ時となると変わってきます。

まずはベガルタの場合。

今回は4バックを想定して図にしました。

相手の4-4-2に対してベガルタは3-2-5という”立ち位置”を取ります。

そしてトップに位置する5人は最終ラインに張り付きます。

続いてボランチの片方はボールを持っている左CBのサポートの為に寄りますね。

こうなると前と横と後ろで4本のパスコースが出来上がります。

相手の右SHはボールホルダーに対してアクションを掛けます。

とすると図の通り前にパスを出すかボランチもしくはCBに戻すという選択肢があります。

ここで前にパスを通せば前線は数的優位となりコンビネーションなり単独突破なりで

勝負出来ます(C大阪戦の蜂須賀のような感じ)

じゃあFWがプレスをすりゃいいじゃないと思う訳ですが

そうすると中央のCBもしくはボランチが空いてしまいパスを出されて

ピンチになりうるわけです。

なので飛び込みたくても迂闊に突っ込めない状況になり

左CBはフリーでボールを持つことができます。

監督曰く正しい立ち位置を取っていれば相手にボール取られたり

パスをクリアされてもすぐさまプレスを掛けれたり

ボールを相手より先に回収することが出来るとのことです。

それはボールを回し続けることで相手のバランスが崩れて

セカンドボールが取れないってことだと思ってます。

続いてコンサドーレの場合

同じく4バックを想定します。

札幌は攻撃時4-1-5に変形することが多いですね。

ボランチが1枚降りてきて左右のCBがSBになり押し上げる。

もう片方のボランチは真ん中でボールを受ける中継地点の役割をします。

前線はベガルタと同じく5人なんですがベガルタとの大きな違いは

ペナルティーエリアに入るまでは相手のレーンに侵入しない事が大きと思います。

ベガルタはこの様に縦に線を引いてその間に選手を配置しますね。

これに対し札幌は受けに降りたりポジションチェンジしたり選手同士が重なったり

前線3人が絡んで抜け出したりします。

広島時代は青山→寿人のような縦パス一本で点を取れる縦パスも狙ったりしてました。

また逆サイドへの展開からWBの単騎特攻やWBが大外で裏を狙うシーンが目立ちました。

フォーメーションの違いのギャップを上手く使うというのが両チームの基盤になるとは

思いますが、そこからのプロセスが大きく違います。

レーンという概念を使い相手を動かして点を取るベガルタと、

ギャップをコンビネーションで上手く突いて数的優位を最大限生かし点を取るコンサドーレ

簡単にまとめるとイメージではこんな感じです。

コンサドーレ札幌戦のポイントは?

前節ベガルタの失点はサイドバックからのFWに対して斜めにボール入れられたことだと思います。

なので今回はここに注目して見てみたいと思ってます。

札幌の福森の左足から放たれる斜めのパスの対処を見てみたいと思います。

ちなみにコンサドーレはベガルタよりも攻撃的で、CBも元FWを使ったりする位です。

3点取られても4点取るサッカーを目指してます。

セットプレーの練習はしないということは守備でのほころびが出てくるでしょう。

今回は2点!

福森から入る斜めのパスと相手の守備の劣ってる部分(セットプレーやカウンター)をどう狙うのか

この2つにを気にしてみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!