雨上がりの試合で選手とサポーターが注意するべきこととは?

明日のセレッソ大阪戦ですが雨上りの試合になるようですね。

初心者サポ
ズラタンさん明日の試合勝てますかねぇ?一応試合までに雨は上がるみたいですけど・・
ズラタン
んーでも雨降らなくてもきっと芝生に水を撒くと思うから大してかわらないんじゃないかなぁ?
初心者サポ
水を撒くと何か変わるんですか?
ズラタン
水を撒くことでボールの”走り”が変わるんだよ!
初心者サポ
ボールの”走り”?なんですそれ?

ボールの”走り”とはなんぞや?

ボールが”走る”とはサッカー独特の表現になります。

芝生の上でボールを転がすと芝とボールの間の摩擦で

ボールのスピードが落ちてしまうんです。

それが芝生に水をまいたり、適度に雨が降るとその摩擦が無くなり

ボールのスピードが落ちにくくなる現象をいいます。

ズラタン
野球でも”球が走る”や”球が伸びがいい”などありますね。

野球はさておきサッカーの場合雨や水を撒いた場合ボール以外にはどんな影響が

出るのでしょうか?

ピッチへの影響はどうか?

ピッチの影響ですが、まず上記の通りボールが走りやすくなります。

但し雨が降りすぎると水たまりやボールが水を吸いすぎて重くなり

逆にひどい事になりますね・・。

雨が降りすぎた試合の例です。

2011年のホーム最終戦ですがこの日は豪雨でもう試合どころではなかったです。

何事も適量があるということですね。

選手への影響は出るのか?

選手への影響ですが、まぁあるでしょうね。

一つ目は技術的な面ですね。

ボールが走ることでトラップやパスを出した時の感覚が

芝が濡れていないときと全く変わるそうです。

トラップに関してはボールのスピードが落ちない事で雨の日は特段難しいそうです。

何より雨が降ると体温が下がる事で”怪我のリスク”や”パフォーマンスの低下”が

予想されます。

その為筋肉系の故障の確率が高くなるでしょう。

ズラタン
俗に言うミートグッバイ(肉離れ)ですね。

下手するとサポーターもなるかもしれないので注意が必要です!!

サポーターへの影響はどうなのか?

我々サポーターへの影響ですが露骨にでますね。

まず客足が落ちますw雨が降るだけで相当変わります。

屋根があるユアスタは雨を防げるのでいいのですが、

昔の規格で作られた陸スタを使っているチームの場合は

ずぶ濡れですね。なので雨具は必須な上にゴミ袋等で

荷物をカバーする必要があります。

 

【番外編】雪の場合

まずはこちらをご覧ください。

山形対岐阜の試合ですが、まさかの雪です。

ベガルタでは覚えてる限り09年のホーム甲府戦。

雪の中の宮スタでエリゼウがトラップミスをして

点を取られて負けた試合が最後でしょうか・・。

カラーボールの使用だと昨年のアウェイ鹿島戦でしょうか。

ここまで来るとサポーターは観戦どころではないですね。

ズラタン
てか雪なんて寒すぎて話にならないよ。

こんな環境での試合なんて東北地方や北海道はたまったもんじゃないですね。

秋春制なんて夢のまた夢です。

明日のセレッソ大阪戦ではトラップミスなどが命取りになるかも・・?

雨上がりだとまず”ボールが走る”ことでトラップミスやパスミスが多くなり

そこからのショートカウンターが有効、もしくはやられるかもしれません。

更に体が冷えて筋肉系のトラブルが出る可能性が上がります。

ベガルタもセレッソも怪我人続出なのでそこはお互いに勘弁してほしいですね。

サポーターは念の為にポンチョが必須でしょう。

明日の試合はミスを怖がってロングボール一辺倒にならずに、

自分たちでボールを運び普段通りのレーン戦術駆使してセレッソに

打ち勝って頂きたいですね!

ポチッして貰えると励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!