気が付いたら順位で上にいた?セレッソ大阪の前節を予習して水曜に備えよう!

どーもズラタンです!

もはや定番?!今日の職場での出来事です。

○○パイセン
おーズラタンおはよう!ベガルタ負けちゃったな~
ズラタン
おはようございます。完全にハメられた感じでしたね。
○○パイセン
にしても1回負けただけで6位だなんて一気に順位下がったなぁ
ズラタン
現状順位はダンゴですからねぇ~問題は連敗しない事です!

とまぁこんな感じでパイセンと話したんですが、

気付いたら次節の対戦相手のセレッソ大阪が順位上になってました(;^ω^)

前節こそガンバ大阪相手にPKの1点を守り切られ負けましたが、

そこまで3連勝で一気に順位を上げてきました。

なので今回はセレッソ大阪戦のレビューを書いてみたいと思います。

こうやって攻めろ!セレッソ大阪!

ズラタンが思ったセレッソ大阪対策を書いてみようと思います。

その1、守備の方法はリトリートをする。

前節の大阪ダービーを見たり試合の情報を収集したんですが、

その結果ガンバが守備的に粘り勝ちした感がありました。

おそらくセレッソ大阪も選手を何枚か入れ替えるとは思いますが

それでも基本戦術から考えて有効な手段だと思います。

特にベガルタは5-4-1で守ることが多く相手にスペースを与えない守備をします。

まずは全体的にスペースを埋めることをファーストにします。

続いてセレッソ大阪は自分たちのサッカーを貫くと思うので

ミラーゲームをしてこない確率が高いです。

となると前節と同じ4-4-2が可能性として一番高いです。

セレッソのビルドアップはDFラインの4枚が広がって攻撃をします。

その際はサイドバックからの攻撃をメインにしようとしてました。

CBからのビルドアップはガンバのFW2枚によってボランチのコースを消され

SBからのパスかGKへ戻して前線へのロングボールになっていました。

前節のガンバの守備の方法はベガルタにも使えると思います。

1・まずはスペースを埋める。

2・ボランチへのパスコースを消す。

3・SBにパスを出したらプレッシャーを掛け始める。

4・CBかGKにボールを戻したら一気にラインを上げてプレスをする。

これで苦しまぎれのロングボールさえ処理出来ればマイボールの時間が必然的に増え

去年の試合のように自分達のペースで試合を運べると思います。

ロングカウンターでSBの裏を狙え!

この辺りは最近のベガルタが実践してることですが、

4バックが相手の場合はSBの上がった裏のスペースを突くことは定石になってます

ガンバのFWのロングカウンターにセレッソは手をこまねいているように

感じました。

なのでここも十分に機能すると思います。

FWは石原→ジャメに先発を変更。

西村共々ひたすら相手の裏を狙うことでチャンスメイクが出来るでしょう。

特にCBのヨニッチは足を引っかけてPKを与えてるので、

ボールを持って仕掛けられるときは行っていいと思います。

サイドの守備に難あり永戸、古林はガンガン上げろ!

ハイライトだけ見てもいいクロスを何本か打たれているセレッソDF陣

元々攻撃的なチームなだけに守備が苦手なのかいい感じのクロスを上げられて

いました。という事は前節の交代を見ても永戸、古林がスタメンの可能性があり

ボールを持ったときに仕掛けてクロスを打ち込んでいくことでチャンスが増えると思います。

ただし、普通のクロスだとヨニッチ、山下の高さに跳ね返されると思うので

低いクロスなどいくつかバリエーションが必要になるでしょう。

まとめると・・

この3つをまとめるとスペースを早めに埋めて、CBにはボールを敢えて持たせる。

SBにボールが入ると同時にプレッシャーを掛けてロングボールを蹴らせる。

中途半端なボールを取れればSBの裏目掛けてカウンター!!

もし遅行になるならサイドの守備の甘さを狙ってクロス!

となりますね!

・・・ん?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ3-5-2の時の戦術じゃんねーか!!

という事で水曜日はこの辺り気にしてを見てみてはどうでしょうか。

また違う発見があるかもしれませんよ?

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください