2020J1リーグ

【感想文】浦和レッズで効果的だった攻め方とは?【3トップ総入れ替え】

Jリーグが再開して4日後の水曜日ですが、すぐ試合です。

 

対戦相手は浦和レッズ(興梠慎三)です。

 

さて、毎度の興梠慎三は横に置いておき、

今回は前線の3枚にフォーカスを当ててみたいと思います。

浦和レッズ戦のスタメン

ということでスタメンからです。

赤字は入れ替え選手

GKの小畑、DFの吉野、アンカーの椎橋、IHの関口以外が総入れ替えとなりました。

前線は湘南ベルマーレ戦の後半出場したユニットですね。

注目はサイドプレーヤーの浜崎がIHでの出場している点です。

ま、この辺りの「タスク」はほかの人が解説してくれるでしょう。

ズラタン
ズラタン
これを分業制(丸投げ)といいます。

 

湘南ベルマーレ戦のスタメン3人との違いは?

湘南ベルマーレ戦のスタメン3人である『長沢、ジャメ、西村

と、今回の『ゲデス、赤﨑、山田』の3人はどう違うんでしょうか?

そもそも対戦相手も違うんで、比べること自体もアレなんですが、

この試合を見ている限り、この3人で『裏を取れた』部分が多かったと思います。

浦和レッズ戦の決定機は?

前半の給水タイムまで、ベガルタのリズムで攻撃してたときも、

後半の山田のゴール(赤﨑へのパス)もですが、

相手の背後(ウラ)を上手く取ってますね!

そういう場面で共通している部分とは、

スタートは常に相手のパスミスというコトです。

浦和レッズのスタイルも影響している

今季の浦和レッズは、4-4-2で前プレスでハメていき、

例え交わされ後ろが同数になっても、構わないというスタイル(らしい)です。

参考文献:【2020 J1 第2節】浦和レッズvs横浜F・マリノス マッチレビュー

 

前からハメるためには、最終ラインも上げないといけません。

そのために最終ラインとGKの間には多きなスペースがありますね。

なので浦和レッズが『ボールを取りに行く場面』でパスミスが起きると

いっきにベガルタのチャンスになります。

 

それが前半のゲデスーヤマダのパスだったり、

ゲデスー赤﨑の場面ですね。

 

得点時の特徴

そんな特徴が出たと思う、浦和レッズ戦の得点は後半開始早々でした。

ここは相手を2人掛かりで潰して、ショートカウンターで裏を取り、

CBのデンをでんっ!と引っ張り出し、

引用元:↑

赤﨑の左足から繰り出される美しい放物線を、相手の背後を取ったやーまだが合わせてJ初ゴール!

マリノス戦では意地でも、CB間を広げないようにしていたらしいので、

そこを広げた攻撃が良かったものと思います。

 

逆に気になったポイントは?

逆に気になった部分は次の2つです。

[box class=”green_box” title=””]

  • 途中出場の西村
  • 吉野の守備

 

途中出場の西村

交代で出てきた、西村、ジャメがいまいちサイドを突破できず、

捕まったいたのが気がかりでした。

特にゲデスと交代した西村はゲーム上手く入れていなかったと思います。

 

吉野の守備

本職はMFの吉野ですが、ちょっと判断ミスが多かった気がしますね。

特に2失点目の直前は、ヘディングでクリアするべきだったのか怪しい部分もありました。

とはいえ、この辺りは元から怪しいと広島サポから言われてましたし、

なによりシマオの怪我を忘れる位の出来なので及第点でしょう。

 

まとめ:決めるべきところを決めましょう。

結論:『あとは決めるべきところを決めよう』という事ですね。

まーそんな選手うちには来ないって言いたいと思いますが、

前半の決定機3本決めてれば勝ってましたから!

ゲデスが横パスしなきゃ、、、負けてませんから(笑)

チャンスは何度も来ないので、少ない決定機をモノにできるようトレーニングしかないですね。

 

昨年に比べれば順調に勝ち点3を積み重ねています。

またすぐ試合が来るので、切り替えて週末に備えましょう。

 

[box class=”green_box” title=”レビューを読むなら戦術藩!”]

試合全体の流れを読みたい人

ヒグのサッカー分析ブログ

 

レビューを論文形式で解説

蹴球仙術

 

試合全体から個人のタスクまで

とーれす_Note

 

試合のプレビュー・レビューを丁寧に解説

fukuhara_Note

誤字脱字はご愛敬?!仙台藩の古株

トンチンカン仙台サッカーを愛でるブログ

 

RELATED POST