よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

サッカー嫌いだった僕がベガルタ仙台の試合を観戦するようになった3つの理由

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

前回僕が『なぜサッカー未経験者だったのか』をお話しました。

 

 

今回はサッカー嫌いだった僕がベガルタ仙台を見に行くようになったのか説明しようと思います。


スポンサードリンク

ベガルタ仙台の試合を見るようになったきっかけは?

結論から言うと僕がベガルタ仙台の試合観戦に行くようになった理由は3つあります。

 

  • サッカーゲームをすることでサッカー嫌いが薄れてきた
  • J1昇格争いにからんでいて盛り上がっていた
  • ベガルタ仙台の応援がJ2では飛びぬけてたから

 

サッカーゲームをすることでサッカー嫌いが薄れてきた

 

1つ目の理由です。

冒頭にもリンクを貼りましたが僕はサッカーが嫌いでした。

【真実】僕がサッカー未経験者で嫌いだった理由とは?

でもサッカーを好きにさせてくれたゲームがありました。

それはWCCFというゲームで、僕はこれを中毒になるくらいドハマりしたので

その頃にはサッカー自体はそこまで嫌いじゃ無くなっていました。

そりゃーそうですよ毎日ゲーセンに行ってプレイしていたんですから(俗にいう廃人)

お陰で基本的なルールに詳しくなり日本の選手よりヨーロッパの選手に詳しくなったのです。

これが1つ目の理由になります。

 

 

J 1昇格争いにからんでいて盛り上がっていたから

2つ目はベガルタ仙台がJ2に居たときは毎年昇格争いに絡んでいたからです。

この頃のベガルタ仙台は算数をミスって昇格できなかったり

またあるときは監督の引き出しが足らなったり

まー常に惜しい存在だったわけですね。

 

僕がベガルタを観戦するようになったのは2007年シーズンでした。

この歳は開幕から11戦くらい無敗でシーズンを進めたんですよね。

そうするとメディアが色々煽ってくるんですよね。

『開幕から11戦無敗は昇格率100%』とか『昇格請負人岡山が加入したクラブは4年連続昇格してる』とかね。

なのでちょっとだけベガルタ仙台に興味が出てきた訳です。

これが2つ目の理由です。

 

ベガルタ仙台の応援がJ2では飛びぬけてたから

3つ目は実際にスタジアムに行って感じたことです。

自分の応援するチームの応援がJ2の中で断トツだったので。

早い話がちょっと勘違いして俺たちスゲーってなってたんですよね。

J2の平均観客動員数を知ってますか?

2018年は7,049人で

ちなみに僕が観戦するようになった2007年は6,521人です。

J1の平均観客動員数はこの倍近くあります。

そしてベガルタ仙台の平均観客動員数は1万3千人代なのでJ2では圧倒的に上位なんですよね。

そうするとユアスタではサポーターの声援が屋根に反響して独特の雰囲気を作り出し

アウェイでも遠征するサポーターの人数も多くて場所によってはホームジャックをするほど。

 

J2でこんな雰囲気はないからか対戦相手の中にはこちらのサポーターに挨拶に来るチームまでありました。

ベガルタ仙台の応援スゲーって感じてハマっていったんですよね。

 

という事で話をまとめると

  • WCCFでサッカーが好きになり
  • J1の昇格争いで盛り上がりでベガルタ仙台に興味が湧き
  • 実際に観戦に行ってJ2では抜けてた応援にハマった。

 

 

これが理由です。

どうですか?意外な理由でしたか?

でもこれが事実です。

僕はこんな感じで食わず嫌いをして選択の幅を狭くしてたと感じます。

もっと早く知っていればと思いました。

 

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください