よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

【ベガルタ仙台】サガン鳥栖戦レビュー まだ慌てる時間じゃない。

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

ベガルタ仙台のがサガン鳥栖に逆転負けした試合について話して行こうと思います。

結論を言うと、この試合の反省点は2点目を取れなかった事にあると思います。

では理由を深掘りしていきましょう。

 

 


スポンサードリンク

ベガルタ仙台がサガン鳥栖戦で2点目を取れなかった理由とは?

2点目を取れなかった理由ですが良かった前半と違い後半の内容が悪すぎたからですね。

ポイントになるのは次の3つです

 

  • サガン鳥栖のシステム変更
  • 5バックになるDFライン
  • カウンターを打てなくなり後半シュート0本

 

ではそれぞれ説明していきましょう。

 

サガン鳥栖のシステム変更について

後半のサガン鳥栖はシステム変更を前半の4-4-2から4-5-1に変更してきました。

これによりベガルタ仙台の守備はスクランブル状態の時間が長くなります。

 

僕が思うサガン鳥栖の狙いはハーフスペースをいかに取るかという点です。

ここを取れるとクロス・外へのパス・カットインからのシュートと選択肢が格段に増えます。

それだけ選択肢が増えると相手の判断を迷わせるんですよね。

そうなると迂闊に飛び込みにくくなります。

 

つまりボールを取るポイントが絞りにくくなることに繋がるわけですね。

 

5バックになるディフェンスライン

迂闊に飛び込めなくなってしまったベガルタはゴール前で体を張る場面が多くなります。

気付けばサイドハーフまでディフェンスラインに入り5バックになる場面が増えだしました。

 

サイドハーフが守備に入るのが悪い訳では無いんですが、

そうするとチーム全体の重心が後ろに下がり、前へ出るのに時間が掛かるのが問題だと思うんですよね。

実際にPKの時も、逆転されたときも長沢はペナルティボックスまで下がってきてます。

 

ハモンが収めて前に出る時間を稼いでくれるならともかく、

それ以前にクリアしたり精度の低いボールが出る時間が多くなり、

守備をするのであっぷあっぷな状態にされ続けてしまったわけです。

 

カウンターを打てなくなり後半はシュート0本

ベガルタ仙台の前半のシュート数は8本だったわけですが、

後半はなんとシュート0本です。

 

クリアや精度の低いボール、そして相手の集中した守備、

そして押し込まれた状態が続いていたことも影響があるでしょう。

ちなみにサガン鳥栖は後半13本も打ってます。

 

攻撃の中心である松下がガス欠になったことも大きいですね。

 

ただシュートを打てなければ点は取れませんよね。

 

サガン鳥栖戦のまとめ

サガン鳥栖戦の前半は割と狙い通りやれた試合だったと思います。

アウェイゲームで理想通りに先制点を取れ、

あとはカウンターで2点目、3点目を取ってゲームを決めるプランを狙えた前半でした。

 

惜しまれたのはやはり前半のジャメでしょう。

ここは普段のトレーニングで改善するよう練習するしかないでしょう。

 

サガン鳥栖に敗戦したことで下位との差が詰まりました。

 

でも中位もそこまで伸びておらず暫定9位の名古屋グランパスまで勝ち点差3です。

 

1試合でまだ順位が変動します。

ちょうど1週間時間が空くのでここで修正を計り、

苦手な厚別でオーラを歌うべくサポーターも切り替えましょう!

 

サガン鳥栖戦まとめ

  • サガン鳥栖のシステム変更により後半劣勢になる
  • 押し込まれることで5バックの時間が徐々に増えだす
  • 結果カウンターを打てなくなり後半シュート0本
  • まだあわてるような時間じゃない

 

次回のホームゲームは9/28の横浜Fマリノス戦です。

座席ガイドで確認してベガルタ仙台を応援しに行こう!

ユアテックスタジアム仙台の座席別ガイド【2019年版】

2019年2月11日

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください