【真実】僕がサッカー未経験者で嫌いだった理由とは?

僕がベガサポになるまでの過程

現在→【真実】僕がサッカー未経験者で嫌いだった理由とは?

僕がベガルタ仙台の試合を観戦するようになった3つの理由

サッカー嫌いだった僕がベガルタ仙台の試合を観戦するようになった3つの理由

2019年10月18日

 

 

ズラタン
はいどーもこんにちは!ベガサポ歴12年目のズラタン(@NoNoroi8)です!

僕はこの『ベガサポ・スタジアム!』というブログとyoutubeチャンネルを運営しています。

このブログも1年以上運営してきたら「ラジオ出演」できたり「取材に呼ばれたり」

他の「メディアから取材」を受けるまでブログが大きくなりました。

 

 


スポンサードリンク

サッカー経験者だったんですか?

またブログやYouTubeやTwitterでサッカーについて情報などを発信しているからかよく

 

『サッカーやってたんですか?』

 

という質問を最近よくSNSやスタジアムで聞かれたりします。

 

実は意外と思われるかもしれませんが僕は

 

ズラタン
サッカー未経験者です。

 

教えると結構驚かれるんですよね。(ズラタン調べ)

 

僕が普段発信している戦術の知識は独学で覚えたものであり、

プレーヤーとして経験したものではありません。

実はよくある思いこみなんですが、別にサッカー経験者じゃなくても戦術ブログの運営は可能です。

 

今回はなぜ僕がサッカーをやらなかったのかそのワケをお話していこうと思います。

 

 

サッカーをやらせてもらえなかった少年期

通称関口世代ど呼ばれる僕の少年期は=Jリーグ創生期なわけです。

小学校低学年がJリーグ開幕直後だったと思います。

TVではサッカー中継もやってるし、BSではキャプテン翼の再放送もやってました。

 

Jリーグバブルでサッカー人口が爆発的に増えた時代でしたね。

 

それは小学校も同じで必然的に野球・サッカーをする同級生ばかりでした。

そりゃ野球は毎日ってほどTV中継しているし、サッカーもJリーグが出来たばかりでしたからね

 

 

僕の地元のサッカーの少年団はそこそこ強いことで有名な上にプロの選手も輩出したことがあります。

 

なので元々サッカー熱が高かったところにJリーグ開幕で着火!

新たにサッカーを選択する人が多くなった時期でもあります。

当然仲がいい同級生も続々とサッカーチームへ入団していきました。

 

ズラタン
当たり前ですが僕もサッカーをやってみたくなりました。

 

幸いにもサッカー少年団の練習場は家から近場だったので、

余裕で通える距離だったし、友達もやってたので軽い気持ちで

 『僕もサッカーをやってみたい』

と言ったのを覚えています。

ですが帰ってきた言葉は、僕の望む答えではありませんでした。

 

 

理由は?|○○で可哀そうだからダメ

母親からの返答は僕の予想したものではありませんでした。

 

『ダメ!サッカーは絶対ダメ!』

 

一瞬なにを言われたのかわからず戸惑いながらも聞き返す。

ズラタン
なんでダメなの?みんなやってるのに・・・。

 

当時はダメ!の一点張りでした。

大人になってから知ったのですが理由は走れなくて可哀そうという理由でした

この理由を教えてくれないことが余計に少年の心をえぐってしまい、

僕はサッカーが大っ嫌いになりました。

 

まぁ当時の僕は結構な肥満児+小児喘息だったので

走ったりするとすぐに息を切らしてしまい

まともに運動ができなかったこともあります。

 

ちなみに手持ち花火の煙なんかもダメで夏場は咳をしながら花火をしてました(笑)

 

ちなみに僕の弟(運動神経のいい)はサッカーをしてました。

弟はサッカーのスポ少に通っているのに自分は通えない。

 

これが少年時代の壮絶な嫉妬となり、これ以降ベガルタ仙台を好きになるまでサッカーが嫌いになりました。

 

これが僕がサッカー経験者じゃない理由です。

 

 

 

 

ではなぜサッカーが嫌いだった僕がベガルタ仙台を追いかけるようになったの?と思いますよね。

理由はコチラからどうぞ。

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください