なぜFC東京戦のクバのPKストップがやり直しになったのか?

ズラタン
クバ(スウォビィク)がPKをせっかく止めたのにやり直しで決められて負けちゃったけどあれってなんでなの?
ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!こんな疑問に答えて行こうと思います。

結論からいうと相手が蹴る前にクバが前に出ちゃったのが原因ですね。

ただそれでもちゃんと止めたし、間合いの取り方、雰囲気、デュデクダンスなど。

中々見れないものが見れたと思います。

 


スポンサードリンク

FC東京戦のPKやり直しはライン上に足を残せていなかったから

8月から変わった新ルールなんですが以下のようになります。

ボールが蹴られるとき、守備側チームのGKは、少なくとも片足の一部をゴールラインに触れさせているか、ゴールラインの上に位置させていなければならない。また、ゴールラインの後ろに位置することはできない。

PKのルール改正の注意点。適応しないとGKにとっては退場のリスクあり

試合後のクバのコメントでは片足を残したと思ったと言ってたのですけどね。

Twitterで写真を探したら出てきました。

副審の方はこういうときだけは良く見てたよねとほめておきましょう(笑)

ルールが適用されてすぐだし以前のときよりすごく意識して見てたのかなとは思います。

 

今節からルール変更となりイエローまで貰うようになった。

ちょっと席を外してた間にクバにイエローが出ていました。

はて?と思ったんですがこれも新ルールのようですね。

新ルールでキッカーが蹴るより先に両足を飛び出してしまった場合はやり直しとイエローカードが提示される用です。

ということは2回連続でやらかすと自動的退場ですね。

動くタイプのGKには結構しんどいルール改正かもしれません。

訂正)以前のルールでも蹴る前に前に飛び出したらイエローとの事でした。

 

PKやり直しなんてものは過去にもある。

PKのやり直しは過去にもありました。

なんなら2回止めて3回目に決められたことも

2006年のヴェルディ戦でGK高桑が2回止めたけれど先に前に出ていた為にやり無しになりました。

まぁこの試合はそれ以前に荒れに荒れててアレだったんですけどね。

なぜか意義で控えGKが退場になるしてんやわんやでした。

 

現地にいるサポーターには分かりにくいのが原因ではないか?

DAZNで見ている人はリプレイが見れるので関係ないかもしれないが、

現地にいる人は正直分からないでしょう。

 

それならば大型ビジョンに判定を出すとかしないと観客が置いてけぼりですね。

 

たまたま誘われてきた人とか、彼氏に連れられて来た彼女なんて絶対わかんないですから。

知らない人の為にもう少し分かりやすくしてもいいんではないかな?と思いましたね。

 

審判に左右されない力を手に入れよう。

結局はPKでの1失点で敗戦したんですが問題はPKじゃないと思うんですよね。

もうこれに尽きるわけですよ。

結局審判の判定を乗り越えるだけの力を付ければいいのが答えですね。

PKをやり直しにされても 、2点取れば勝てた訳ですから。

 

まず判定は置いといて、2点取るにはどうすればよかったのかを考えましょう。

 

そして高みを目指すとこういう試合すらたのしめるようになるはずです。

自分はまだまだですね精進します。

 

 

まとめ

  • キッカーが蹴るより先に両足が離れた為クバのPKはやり直しとイエローになった。
  • 過去には高桑が2回止めて3回目に決められた事もある
  • 現地にいると分からないのでビジョンなどで説明があればといいのではないか?
  • 審判の判定に負けない力を付けることが重要。

 

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください