よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

スウォビィクの指示は何語で話すのか?とカミンスキーのアドバイス

ズラタン
先日ベガルタ仙台に加入をしたクバ(スウォビィク)が20日から試合に出れるみたいだけど一体何語で味方に指示を出すんだろう?

 

今回はこの疑問に対しての考察と加入会見で気になった部分を深堀していきたいと思います。

 

クバ(スウォビィク)選手の紹介記事はコチラ

ベガルタ仙台がポーランド人GKヤクブ・スウォビィク選手獲得へ?

2019年6月23日

ベガルタ仙台がポーランド人GKヤクブ・スウォビィク選手獲得へ?

 


スポンサードリンク

ディフェンスラインが3か国になる

一体何を言っているんだと思われるかも知れませんがダンが抜けたポジションにそのままクバが入るとこんな感じになるという事です。

つまりディフェンスラインに言語が3つ混ざることになります。

するとここで1つ問題が出てきます。

 

コーチングは何語でするんだろう?

 

という点です。

その答えは加入会見で答えが出ました。

 

英語と日本語でコミュニケーションを取るらしい

会見で以下の質問がありました。

■今日の練習を見ていてもかなりキレを感じました。母国ではいつまでプレーしていましたか。また、即戦力としての期待がかかりますが、20日の試合からすぐ出られる自信はありますか。

最後の試合出場は約一ヶ月前です。最後の練習は三週間前まで前所属チームでやっていました。まずは日本語と英語でコミュニケーションをとって、連係を高めていきたいと思います。これからコンディションは、日を重ねて上げていき、20日の試合に向けて全力を尽くしていきたいですね。

7月4日(木)、ヤクブ スウォビィク選手加入記者会見を行いました。

 

ちょっと色を付けて文字を大きくしておきましたが「日本語と英語でコミュニケーションをとって」とありますね。

一応既に左右は覚えたらしいです。

とても向上心があるようで素晴らしいです。となると後はどのくらい英語が話せるのかという点ですね。

 

この日仙台マスコミ各社は昨日の天皇杯の結果と共にクバの加入会見を報道していました。

そこで流暢な英語で受け答えをするクバが。これを見る限りは英語に関しては問題なさそうです。

 

あとは練習場へ見学に行けば答えが分かると思います(平日なんて仕事で簡単に行けないんですけどね)

 

過去にもあったディフェンスラインの多国籍化

ちなみにディフェンスラインが多国籍だったのは今に始まったことではありません。

ちょうど10年前の2009年-2010年も多国籍ディフェンスラインでした。

間に挟まれている広大は一体何語でコーチングやコミュニケーションを取っていたんだろうと当時とても気になってました。

 

 

ポルトガル語路線にはメリットがある

日本の場合はJリーグが開幕してからずっと外国籍選手=ブラジルのような部分がありました。

ですが近年は欧州などから選手が加入してくるケースが増加してますね。

 

でも外国籍選手を1か国に絞った方が良い面も当然あるわけです。

 

それはさっきのような言葉でのコミュニケーション取りやすい事です。

 

ブラジル人(ポルトガル語)と日本人だけならプロ経験があれば試合で使うポルトガル語は覚えていると思います(ズラタン予想)

なんせ1チームに1人は居たりしますから。それに1か国に絞ると通訳の人件費が安くなるというメリットもあります。

 

もしコミュニケーションがうまく取れなくてせっかく獲得した選手が試合に出れなくなったら元も子もないでしょう。

 

通訳の問題は思っている以上に大きくて過去にもアーノルド監督時代や古くなるとベルデニック時代も散々だったようです。

なので通訳の人選にはしっかりしてもらいクバの100%のパフォーマンス発揮できるようにしてもらいたいですね。

 

加入会見で気になった部分。

ここからはクバの加入会見で気になった部分を掘り下げていこうと思います。

 

移籍した理由と初めての海外移籍

記者会見での質問でこのような質問がありその回答に気になる答えがありました。

数あるオファーの中で、仙台という素晴らしいチームに呼ばれたので、仙台に来ることを決めました。

数あるオファー?という事は他からも声が掛かっていたのに仙台を選んでくれたんでしょう。

日刊スポーツによると5、6か国からオファーがあったようです。


ベガルタ仙台の提示した金額などたかが知れていると思います。それでも来てくれたのには感謝ですね。

 

移籍にはカミンスキーのアシストがあった?

ジュビロ磐田のGKカミンスキーとポーランド時代から交流があったようで、カミンスキーがJリーグの話や移籍に関してのアドバイスをしてくれてたようです。

となると家族が安心して過ごせる治安も理由の1つかもしれませんね。

けどカミンスキーのアシストは本当にありがとう。今回のクバの移籍が成功し情報が広まれば東欧から選手の流入がありそうですね。

 

 

試合に出れるのは20日のセレッソ戦から

登録の関係上試合出場は20日のセレッソ大阪戦からになります。

試合から1か月練習から3週間も離れていたようなのでまずは仙台に慣れてもらいながら体を戻してもらいたいですね。

 

 

まとめ

  • 多国籍ディフェンスラインだがコーチングはおそらく英語と日本語でする
  • 過去にも多国籍化ディフェンスラインがあった。
  • 通訳の人選はしっかりしないとマジでダメ!
  • 5、6か国からオファーがあった中ベガルタ仙台を選んでくれた
  • カミンスキーのアドバイスもあって加入を決めた
  • 寿司が大好き

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください