ベガルタ仙台の成長が出たシーン

代表の為2週間試合がありませんが甲府戦勝って良かったと心底思うズラタンです。

さてタイトルにあるように今回はサッカーブログっぽい事を書いてみようと思います。

ただあくまで素人が書いたものなのでそこはご了承ください。

ベガルタが今季3バックを選んだわけ

ンフレッチェ広島や浦和レッズの3バックは4バックに対してギャップを作ったりポゼッションをしやすいなど理由があります。

ベガルタも今季より4バックから3バックにシステムを変更しました。これに対して渡邉監督は現在のメンバーの適正を考えると3バックの方が合いそうだとシーズン前に語ってました。

2016オフシーズンにそれまでのレギュラー選手移籍した事、怪我が多く1年間を通しての出場が厳しい選手が増えた事、ベテラン選手の加齢による衰えで運動量の低下など4-4-2で前からプレッシングをするにはメンバーの固定が厳しかったと思います。そこで4バックと3バックを比較したときに3バックの方がストロングポイントがあったという事でしょう。

ただベガサポ的には3バックというと過去のイメージがあってイメージが良くないと思います(;^ω^)

今シーズンの開幕戦コンサドーレ札幌戦では余り有効的な攻撃は出来ていないと思っていました。ですが甲府戦では徐々にその成果が出てきたと思います(相手の退場とスタイルを差し引いても)時計の針を巻き戻さず先に進めようと渡邉監督がトレーニングを通して続けた結果が出始めたと思います。

手倉森監督時代ベガルタの代名詞となったカウンター攻撃から自分たちでボールを保持して戦うポゼッションサッカーを目指すことを選んだ訳ですが、浦和レッズも優勝したシーズンを境にカウンターからポゼッションにスタイルを変更し始めた時は結果が出なくて低迷し降格圏近くをウロウロしていたシーズンもあります。浦和レッズの規模でもスタイル変更は手こずるのでベガルタが結果を出せないのも当たり前です。

ではズラタン的にその成果が見られたシーンを解説してみたいと思います。

中と外の使い分け

今季の攻撃時のフォーメーションです。

ガルタの攻撃時は3バックがサイドに大きく開いて両ウイングバックを押し上げて上のような状態になることが多いです。この状態でセンターバックからウイングバックやボランチにパスを出したり飛ばしてトップに当てたりなどして攻撃を組み立ててます。
続いて甲府戦の4分辺りの攻撃のシーンです。

まずは増嶋から下がって受けに来た西村にパスが出ます。受けた西村はすぐに増嶋に返しますが増嶋はまた西村にパスを出します。

ここで西村が素早く前を向きドリブルをして数歩進むと西村の空けたスペースに入り込んだクリスランにパスを出します。

相手DFのプレッシャーを受けながらトラップしたクリスランから富田にパス。パスを受けた富田は右サイドに張っている蜂須賀にすかさずパスをだします。

蜂須賀がボールを貰うと持ち上がり相手のラインを押し下げます。ラインが下がった所に大岩上がってきて蜂須賀からパスを貰いクロスを上げます。このときには相手ペナルティーエリアに4人侵入してます。
この攻撃は西村のファールとなりましたが進歩を感じたシーンでした。特にサイドから中に入れてまた外に出すボールの動かし方は昨年には無かったと思います。
最初の西村の位置から中に入れることで相手の警戒するパスコースが増えることでサイドからシンプルに上げるクロス(先制点のようなクロス)が効果的になります。

ボール保持だけがサッカーではない。

だし、ボール保持(ポゼッション)だけがサッカーではありません。引いてからのカウンターもサッカーです。
その試合に勝利するために必要なサッカーをすることが最優先だと私は思います。ポゼッションが上手くいかないならカウンターに切り替えればいいことです。

ちょっとずつですが出来ることが増えてきたベガルタを親心でみる楽しみが増えたと最近とても思います( ̄▽ ̄)

 
 

まぁ負けたら負けたで荒れるのは変らないんですけどね。
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!