よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

ベガルタ仙台リーグ戦3連勝!見てない人向けFC東京戦ポイント解説。

ズラタン
ベガルタ仙台が気になってるんだけど試合は見れなかったんだよね。

そんな人に向けてFC東京戦をポイントで解説していこうと思います。

そんな要約すら見るのがめんどいという人はこちらのツイートを参考にして見てください。


ではこのツイートを基準にして深堀していこうと思います。

 


スポンサードリンク

シマオが永井・ディエゴ相手に負けなかった

FC東京戦で一番の不安は永井・ディエゴにラインの裏を取られることですね。

理由は前に出るのは強いんですが裏への対応は苦手にしているからです。

でもFC東京戦では裏へ抜けられて対応するのは数が少なかったと思います。それは前線からのフォアチェックが早かったので一気に裏を狙う縦パスよりも横パスに逃げさせる選択をさせた為に裏へよーいドンで勝負するシーンが少なかったからです。

一番危ないと思ったのが前半終了前にシマオがイエローを貰ったあの場面。

ズラタン
カード覚悟で止めに行ったシーンですね!

あの場面抜かれると2対1になる為に潰した場面で東京のFWディエゴはかなりイラついてました。

ですがカードを貰ってでも止めたことでピンチにならずに済みました。

前線からのフォアチェックで裏へのパスを出させない事でシマオの得意とする対人プレー(この場合ハイボールの競り合い)がほとんどだったこと。

これが最大の要因だったと思います。

 

 

関口の運動量は流石だった(特に守備)

次に関口の運動量です。

永戸がナ・サンホの対応をしたときに大外を右SBの室屋がオーバーラップやインナーラップ(要は攻め上がり)を仕掛けてきてました。

そこを関口がSBの位置まで下がり室屋の対応をする。

永戸のフォローをしてから攻撃参加し、ボールを取られるとまた守備に戻る。

攻守に走り回り交代直前までチームに貢献してました。

さらに先制点を決めるのは流石でした。

 

 

 

永戸が壁を越えて来てるが気がした

次に永戸が壁を越えてきた感じがする件です。

今までは相手との間合いを間違えクロスを入れさせてしまい失点などの場面が見えましたが、今日の試合では球際で体を張り相手にボールを触らせないなど守備面で大きく効いていました。

また攻撃でも相手を剥がす動きで前進するなど今までと違い積極性が見えたこと。

おそらく何らかの自信をもってプレーできているのでは?と思います。

 

 

仕上げのハモン砲も決まった!←コレ重要

あの時間の投入意図は守備で高さを増やすことと、あわよくばトドメの1点がタスクですね。

松本戦は何度かあったチャンスで決めれずにいましたが今日は自分のタスクをこなしました。

蜂須賀から受けたボールを自分の角度で決ましたね。

一旦外から中に入ることでマークも遅れ理想的な仕上げのハモン砲になったと思います。

 

 

 

リーグ戦3試合連続でAURAを聞けたこと!

忘れてはならないのはリーグ戦では3試合連続でAURAを歌っている事です。

序盤戦は歌う機会がなくて本当に辛かったですが鳥栖戦からホームでは5連勝!

4バックに変えて、メンバーを変えてようやくチームが機能し始めました。

ここから1試合でも多く歌いたいですね。

 

 

まとめ

最後にまとめます。

シマオが永井・ディエゴ相手に負けなかった
関口の運動量は流石だった(特に守備)
永戸が壁を越えて来てるが気がした
仕上げのハモン砲も決まった!←コレ重要
リーグ戦3試合連続でAURAを聞けたこと!

というのが僕の思うFC東京戦のポイント解説でした!

 

ベガルタ仙台のリーグ戦はDAZNで毎試合生中継で見ることができます。

また今なら1ヶ月無料ですし、30日以内に解約すれば丸々無料で見れます。

もしまzだ加入していないのならばお試し加入をしてみてはいかがでしょうか?

気になる人はコチラの記事を参考にして見てください。

【1ヶ月無料?!】僕がDAZNをオススメする3つのメリットとは?

2019年6月12日

【1ヶ月無料?!】僕がDAZNをオススメする3つのメリットとは?

 

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください