よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

【ベガルタ仙台】どういう風に発足したか知ってる?

ズラタン
よく試合のある日はユニフォームを着た人たち見かけるね。ベガルタ仙台ってどんなチームなんだろう?

このページではベガルタ仙台がどんなチームなのかざっくりと説明をしています。

ベガルタ仙台はJリーグの加盟するプロチームで、現在はJ1と呼ばれるトップカテゴリーで戦っています。

 

 


スポンサードリンク

べガルタになる前は?

ベガルタ仙台の礎となったのは1988年発足の「東北電力サッカー部」でした。Jリーグ参入を目指して1994年11月に名前を「ブランメル仙台」と変更、たまにDAZNで解説をする鈴木武一さんが監督に就任。

名称はブランメル=伊達男という意味があり、伊達政宗繋がりだったと思います。

当時「ブランメルが勝ったら金利があがる~♪」というCMがテレビで流れていたんですが、思っていたほど勝てず金利が上がらない現象が発生しました。

名称変更から5年後1999年に現在の「ベガルタ仙台」が誕生します。監督も鈴木さんだったのでベガルタ仙台初代監督といわれているんです。

ちなみになぜブランメル仙台からチーム名が変更になったのかというと商標権の関係で「ブランメル仙台が使えなかった」が理由だそうです。

そしてこのベガルタ仙台というチーム名を考えたのが当時クラブスタッフだった強化育成本部長の丹治さんです。

 

 

ベガルタ仙台になってから初東北のJ1昇格するまで

初代監督の鈴木さんがシーズン途中に辞任し後任としてルヴァンカップでベガルタの解説をする清水秀彦さんが監督になります。

ここからは割と有名な話なので、さらにざっくりと話をしますが清水さんの元教え子などを引き連れて来て2001年に最終節に西京極(京都)でJ1昇格を決めます。

ただ清水さんが来た当初はクラブ内がとても酷い状態でロッカールームには遊び道具が散乱してたとか・・・。

それをなくしプロとしての規律のようなものを植え付けるのに苦労したと言ってました。

 

 

最初のJ1は2002-2003年の2年間だけでした。前述した清水さんも2003年途中解任され後任にはベルデニック監督(市原・名古屋で監督経験あり)が就任。

監督を変えて残留を狙うも虚しく最終節大分に引き分けてJ2降格になります。

 

そして胸スポンサーとしてチームを支えてくれてた「カニトップ」も撤退します(ここから現在までアイリスオーヤマが胸スポンサーに)

当時ネットでベガルタの事はカニって呼ばれてたらしいですね。

 

そしてここから暗黒期と言われたJ2時代がはじまります。

 

 

暗黒時代のJ2時代2004年-2009年

J2降格した初年度はリーグからの補助金ってJ1と同じだけ貰えるので結構なアドバンテージになるんです。

ただ翌年はJ2料金になるのでここで昇格しないときつくなるんですよね。

ですがベガルタはここから低迷します。

 

 

2007年まで毎年監督を替え、毎年選手が入れ替わり、時には監督が算数を間違え、昇格にあと一歩というところまで来て届かないという展開が続きました。

 

そして運命の2008年が訪れます。

ハイ、そうですね。現在の長崎監督の手倉森監督が就任します。

5年でACLに出る!と会見で語っていたシーンがTVで報道されてました。

ま、結果ACLホントに出てしまうんですけどね。

 

ただ2008年はジュビロ磐田相手に入れ替え戦で敗れてしまいます。

当時のロスタイムの映像がこちら。

 

ですがこの入れ替え戦で負けた悔しさを持った選手たちが軒並み残留してくれて翌年のJ2優勝と天皇杯ベスト4の快進撃の元になりました。

6年越しの昇格を決め2010年からJ1へと復帰になりました。

 

 

2010年からはこちら→準備中

 

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください