ベガルタ仙台のWボランチで組み合わせがいいのは誰?

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

今回も質問箱に頂いた質問に答えていこうと思います。

質問がコチラです。

 

では順番に返答していきますね!

攻撃型と守備型でのwボランチは確かにバランスに優れていますね。

過去を遡るとシルビーニョとポイチの組み合わせと

2017年の三田富田の組み合わせがバランスを考えた組み合わせ。

2位になった時は富田と角田の守備型同士の組み合わせ。

 

ひやっとしたのが財前・山田・テルの3枚の後ろにいる直樹のアンカー。

直樹が過労死するんじゃないかと思う組み合わせでしたね。

 

 

 


スポンサードリンク

組み合わせがいいのは誰と誰?

まず僕の認識では椎橋はパサータイプではありません。

椎橋は若干守備よりの万能型という認識です。

 

試しにエル・ゴラッソの選手名鑑を見ても攻守の要と出てました。

 

ではここでベガルタ仙台のボランチをタイプ別に分けてみようと思います。

・・・とこんな感じですかね。

攻撃型が松下、田中、リャン。

万能型が椎橋と兵藤。

守備型がシマオと富田ですね。

 

現在の4-4-2で組み合わせがいいのは

広島戦でスタメンだった松下と椎橋じゃないかなと思います。

 

それは4-4-2から可変して3-1-4-2になるからですね。

その場合は松下が3バックに入り椎橋がアンカーに。

サイドハーフは中に入りIHへ。

サイドバックはWBの位置に移動する。

このように可変すると基本3バック+アンカーでビルドアップします。

ここで重要になるのがアンカーの選手。

 

求められる能力はボールの配球力と守備力です。

攻撃時はボールを配給するためにタクトを振るい、

守備の時は危険なスペースを埋めたりと

まぁー忙しいポジションですね。

 

そんなわけでここで椎橋以外が入ると守備か攻撃のどちらかが噛み合わないと思います。

なので椎橋が入るのが一番ベターだと思います。

 

ちなみに兵藤は?と思うでしょう。

兵藤はもう一列前が本来の適正ポジションだと思います。

ただボランチもプレーできるので入れました。

 

 

 

 

富田を入れた時に安定するパターン

質問者さんが押す富田ですが、

彼が一番輝く状況はどんなときでしょうか?

僕が思うパターンは前からプレスを掛けてパスコースを限定し、

富田のポジションで奪いショートカウンターを仕掛ける時です。

 

彼のボール奪取能力と読みが最大限に発揮されるでしょう。

 

特にブレークした2012年の富田ですね。

この年は本当にチームの要でした。

 

ではなぜ今の4-4-2には合わないのか?

となりますがそれは遅攻を選択するからです。

 

2012年の富田は前に出てそのままボールを奪い、

サイドの空いている選手へ配給する。

 

ボールを奪った時は自然に前(ゴール方向)を向いている事が多かった。

だが今のアンカーはボールを引き出すために相手ゴールに背中を向けるときが多い。

 

そこからターンして前を向く、パスコースを探す。

これだと遅いんです。

 

2つを同時にこなせるくらいで無いとトランジションが早いチームには狩り取られてしまうのです。

 

なのでもし富田を起用するならば、スコアがビハインドで相手からボールを取りたい時。

もしくはビルドアップより相手をプレスでハメてショートカウンターを狙うときだと思います。

 

 

 

 

次節のボランチは?

ほぼ結論が出ていますが、次節の磐田戦は松下・椎橋のコンビが濃厚でしょう。

もし違う場合、渡邉監督がなにかを狙ってのことだと思います。

とにかく僕らサポーターは出る選手を応援するだけですけどね!

今回は以上になります。

質問があればコメント欄もしくは質問箱からどうぞ!

サッカーネタやサッカー以外でもお答えしてます。

質問箱はコチラ↓↓↓

https://peing.net/ja/nonoroi8

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください