ベガサポさんからの質問にお答えしました!

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

今回はTwitterの質問箱とYouTubeのコメントから頂いた質問に答えていきたいと思います!

ズラタン
そしてご質問頂きありがとうございます!

まずは質問箱から頂いた質問を2つから答えて、その後にYouTubeの質問にお答えします。

 

 

 


スポンサードリンク

1つ目の質問!

1,3失点した後の選手交代は遅くないですか?

負けてる場面が多い今シーズンは選手交代を早くしてほしくなりますね。

ちなみに遅い遅くないでいえば渡邉監督自体は選手交代が遅いタイプの監督。

今シーズンのリーグ戦を見てみると一番早い交代は湘南戦のHTに2枚替えしたのが最短で、

続いてマリノス戦での2枚替えが61分です。

これを見ても分かるように選手交代が早い時というのはチームが機能してない時が多いと思います。

それ以外の時はある程度通用している部分が見えていて、

これからという場面でギアを上げる為の選手交代だと見受けられます。

 

 

 

 

2,川崎より運動量が少ないのが不満ですがどう思いますか?終了後に動けなくなる選手がいません。技術力で劣るならせめて走れないものですか?

たしかに足りない部分を他で補う、技術を走力で補うのは大事です。

ですが運動量だけですべてを評価するのも違います。

理想を言えば相手より少ない距離を走って、勝つ方が効率はイイわけなので。

 

年間を争うリーグ戦

川崎戦は1発勝負のトーナメント戦ではなく1年を通して戦うリーグ戦。

1年間での結果が求められるので1試合ごとにフルパワーで戦っていたら

シーズン前半にガス欠で夏前からパフォーマンスが落ちるなんてことに・・・。

特に松下や吉尾にジャーメインなどの若手は、

昨年までのベンチメンバーやベンチ外の選手が多いので

毎試合で続けること自体が初めての経験に。

当然ながら戸惑いなどもあるでしょう。

 

それに相手の戦術によっては動きたくても動けないなんてこともあります。

ビハインドの時に前からガムシャラにプレスを掛けた結果

大分戦の2失点目様に攻略されることも・・・

負けてるだぞッ!頑張って走るんだ!ではなく、

なぜ走り負けているんだ?

戦術か?日程によるコンディション?など

多角的にみることでまた違った視点が見えて来ます。

 

特に走行距離はチームが上手く機能してる時に伸びる傾向があり、

今回のように走り負けている場合は大抵相手チームに抑えられていることがほとんどだと思います。

なので走行距離だけ判断をせず、指標の1つとして考える方がいいと僕は考えます。

 

 

3,鳥栖は監督解任されましたが仙台はあると思いますか?

プロである以上結果がすべてです。

監督解任はこのまま低迷していると大いにありえると思います。

 

僕個人の考えれで言えば『予算・人脈・選手の把握』を考えると監督交代はしない方がいいと思います。

 

仮に監督交代となるならば問題は次の監督になります。

内部昇格させるのか?他所から引っ張ってくるのか?

過去に手倉森監督時代のオフシーズンになんであなた?という監督(失礼)の名前が上がった事もありました。

なのでそういうリスクを考えれば、そのお金で選手を獲得したほうが賢明だと思います。

 

 

降格しても続けたケース

結果が出なくても監督が続投したケースもありました。

現札幌のミシャはサンフレッチェ広島時代に降格を経験し、

そこからミシャ式のスタイルを作り黄金期の基礎を作った事もあります。

特にサッカーは監督・選手を変えたくらいでチームがすぐに変化するわけではありません。

西の方を見ていれば分かると思います。

 

 

 

 

2つ目の質問

夏の移籍期間に外国人選手を獲得すると思いますが必要なポジションはどこだと思いますか?

チーム成績や怪我人などでも変わりますが現状のままならばFWもしくは中盤になると思います。

勝つためには点を取る必要があるわけです。

それならば点を取るFWが必要になる。

もしFWまでボールが入らないのならその前にパスを出す選手の補強が必要になるでしょう。

ちなみに外国人選手も可能性がありますが、現在の外国籍選手の保有数を考えると日本人も大いにありえるでしょう。

 

今必要なのは角田のような選手だと思いますがどうですか?

カードを貰う選手は必要ないですがw

チームを鼓舞する選手は大いに必要ですね。

神戸戦のポドルスキーを見ていて思いました。

失点しても手を叩いて味方を鼓舞する姿・・・。

とても頼もしい姿です。

ただこのタイプは劇薬にもなりうるので取扱が難しく、

きちんと扱える監督が居るときだけでしょうね。

 

 

 

3つ目の質問(youtubeのコメント)

2トップのチョイスとして先発で石原、長沢が入ってこないのは何故でしょう?

試合内容だけを見ている僕だと仮説になってしまいますが

2人共通なのはチーム戦術が大きく影響してると思います。

チームとしての方向性を考えたときに一番のストロングポイントが出せるメンバーを選んでると思うので

その為に石原・長沢がベンチになっている可能性が高いです。

 

 

石原はケガで序列が落ちたことが第一かなと。

あとはボール保持よりもロングスプリントで裏を狙うケースが多いので

ジャメが必要になっている為と予想します。

なので徐々に上がってくればすぐに復帰すると思います。

 

 

石原以上に厳しいのは長沢ですね。

最後に先発したのがセレッソ大阪戦。

本来ならば1トップ2シャドーの頂点や2トップで出るはずだったんですが

戦術理解度からなのか、ボールが収まらないからなのか

練習場に行けばもっとはっきりすると思います。

 

ただ長沢・石原両選手に言えるのはどちらも必要になる状況が今後来るという事です。

川崎戦では長沢の落としを大岩が決めました。

敗れましたが鹿島戦では石原のポジショニングは秀逸でした。

今後自分のストロングを毎試合出せるようになればスタメンを取り返せると思います。

 

 

今回の質問の回答は以上になります!

質問はTwitterの質問箱やYouTubeのコメント欄。

またブログのコメントやメールでのお問い合わせも受けています。

サッカー以外でも構いませんので質問お待ちしてます!

 

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください