負けてる時こそポジティブに!ネガってると損をする理由

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

自分のチームが連敗中で調子の上がらない時ってありますよね?

ベガルタ仙台だとまさに今です!

そんなときってどうしてもネガティブになりがち・・・

「まぁーた負けてしまったぁ!!このままでは降格してしまうぅぅ」

なんて口にしたり、頭の中で思ってしまいがち。

もちろん全部を否定するわけではありません。

ダメだった所を反省する事は必要!その部分を改善するために。

ただ僕はいつも『ポジティブに』とブログやSNSでは言っています。

 

実はそれカラーバス効果を意識してるからなんです!

 

 

 

 


スポンサードリンク

カラーバス効果とは?

カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。

カラーバスは「color(色)」を「bath(浴びる)」、つまり色の認知に由来するが、色に限らず、言葉やイメージ、モノなど、意識するあらゆる事象に対して起きる。

人間の脳は、特定の事象を意識することで、五感で得られた情報からその特定事象のみを積極的に認識するという性質を持つ。

カラーバス効果

 

またカラーバス効果と似たような言葉でカクテルパーティー効果なんてのもあります。

 

カクテルパーティー効果とは、たくさんの人が談笑しているパーティーのような中で、会話や雑音の中からでも「自分が関係していること」「自分が興味のある内容」をきちんと聞き取れる現象のこと。音声情報を無意識に選択して聞き取る「音声の選択的聴取」のこと。

1953年に心理学者のコリン・チェリーによって提唱された。

カクテルパーティー効果は脳の「選択的注意」によって生じ、これは聴覚だけでなく視覚などでも発生する。

カクテルパーティー効果

 

どちらも同じような意味です。

ではどんな効果があるのか説明していきます。

 

 

 

 

効果の説明とその前に?

カラーバス効果を説明する前に1つ質問をします。

『今あなたの身の回りにあるものでベガルタゴールドの物を10個探してください。』

 

どうですか?

 

10個なんて簡単に見つかったのではないでしょうか?

 

ズラタン
僕なんて20個見つけたぜ!

 

という人もいるのではないでしょうか?

 

ズラタン
そうです。これがカラーバス効果なんです!

 

 

人間の目や耳から入る情報はとても膨大!

全部の情報を意識してしまうと脳がパンクしてしまうんですね。

なので無意識のうちに多くの情報を遮断しているんです。

 

なのでさっきの『ベガルタゴールドの物』でいえば

自分の中で『ベガルタゴールドの物』認識するまで頭が疲れないように

認識しないようになっているんですね。

 

ズラタン
1日にベガルタゴールドの物なんて何回も見てるのに・・・

 

 

なので僕がポジティブにと言うのは、

僕も含みこのブログや僕のSNSを見てくれている人に

ポジティブな情報を認識してもらう為だったりします(笑)

 

必要以上にネガティブになっても仕方ないですからね。

良かった部分すら見えなくなりますから。

ズラタン
ネガりすぎ注意!

良かった部分が見えてくれば、

また次の試合で応援しようと思う力も出てくるでしょうしね!

 

 

ちなみにこのカラーバス効果は自分の目標を紙に書いて

いつも見えるところに貼っておくと、意識的に行動するようになり

成長できることにもつながります。

 

例えば『今年は県大会に出るぞ!』とかね。

なのでみなさんも意識的にポジティブになってはどうでしょうか?

 

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください