よく読まれている記事

ユアスタの座席に迷ったらココを読むべし!

試合の見直しはDAZN一択!

なぜベガルタ仙台はJ1最下位になっているのか?

ズラタン

はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

いつもの戦術的なレビューではなくあまり書かないタイプのレビューを書いてみようと思います。

 

 

まずはプレビューでも話しましたがベガルタ仙台が置かれている状況のおさらいから始めましょう。

毎年ベガルタ仙台は開幕戦に勝利しスタートダッシュを決めて逃げ切るシーズンを送ってます。

ですがベガルタ仙台はセレッソ大阪戦前の段階で2019明治安田生命J1リーグで開幕から4試合勝ち無しの・・・18位です!

 

ズラタン
はい!…つまり最下位ですね!

 

そしてセレッソ大阪戦を0-2で落としてしまいました。

 

 

ここまで調子の悪いシーズンは頭の片隅に辛うじて残っているアーノルド時代の2014年以来・・・。

 

 

あの時の悪夢が頭を過り我々サポーターはネガティブに・・・。

そしてネガティブになると出てくるのはマイナスイメージばかり。

 

でもネガティブになっていても仕方ないので客観的にクラブを見て原因を考えてみましょう。

例えば体調が悪くなった時も、自分の行動を振り返る事である程度原因がわかりますよね?

そうする事で漠然とした不安から少しは解消されると思います。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

まず不調の原因を整理してみる。

ひとまず思い当たる原因を上げて理由を考えてみました。

選手の入れ替えが多く戦術の浸透に時間が掛かっている

1つ言えることは2017ー2018シーズンと違い2018-2019シーズンは選手の入れ替えが多かったことです。

まず今シーズンはオフに10人抜け、シーズン中に抜けた西村と合わせて計11人。

これは『チームの継続』とは言えませんよね?

 

 

2017ー2018シーズンと違い、継続ではなく新たにチームを再構築するシーズンとなっていますね。

その為にキャンプがあり戦術を浸透させるワケなのですが、

この部分で監督が想定してるよりも新加入選手の戦術理解に時間が掛かっているのだと思います。

 

戦術理解が遅れると連携構築に時間が掛かる

戦術理解に時間が掛かる事の問題は何かと言うと既存選手との連係が深まらない事になります。

紅白戦では試合に出るチームと控えチームで対戦します。

多少入れ替えがあったとしても基本的には控え同士の連係の方が先に深まるでしょう。

すると少しずつ動きの誤差が出てパスがワンテンポ遅れたり、スペースに欲しかったのに足元に来たりとズレてしまう・・・。

 

 

ベガルタ仙台は圧倒的な個の力で勝つチームではなく、11人の力を合わせて大きな力を出して戦うチームだと僕は思ってます。

チームで戦うのイメージ図↑

 

連携が深まらないことで生じる微妙なズレが大きな不調につながっているのではないでしょうか?

 

 

椎橋の離脱が大きい

現在負傷離脱中の椎橋ですがキャンプ中の練習試合を見てもボランチのポジションは彼がする予定でした。

ところが開幕戦の直前に負傷すると怪我が長引き6週間の離脱中です。

今年は椎橋が引っ張るものだと思っていた矢先の離脱(しかも開幕戦直前)

これではプランもくそもないでしょう。

もしチームのキーとして考えていたのなら大きな戦術変更にも舵取りをせずこんな感じ(攻守ともにばーらばら)になったものと思います。

 

 

 

 

これらを踏まえると・・・

 

椎橋の復帰はいつ頃?

まず椎橋が合流する時期ですが練習には戻ってるようです。

椎橋の怪我の発表が出たのが2月20日。

ここから逆算すると4月3日で丁度2週間ですね。

なので早ければ鳥栖戦からは復帰できるでしょう。

 

ただ現状バラバラなチーム状態で椎橋が合流しても再び歯車がかみ合うのか?

ここが不安なところです。

 

戦術浸透と連携は日増しによくなって行くと思います。

問題は手遅れにならない時期というのを祈るのみ。

 

 

 

 

まとめ

まとめると戦術浸透と連携は時間しか解決できません。

なので椎橋の合流を待ってから考えてみましょう!←そこか?!

それでも改善されない時には更に原因を掘り起こしてみる。

そうやって考えることしか我々には出来ませんからね。

 

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください