ベガルタ仙台 対 セレッソ大阪 レビュー あぁ4連敗・・・でも成長してる面はある!

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

4連敗です・・・。

・・・落ち込んでしまいますよね。

春先はいつも調子が良かっただけに不安がよぎってしまいます。

でも悪かった部分と良かった部分を明確にして前に進むしか今は出来ません!

とにかくサポーターがポジティブにならないと選手は一層ポジティブになれないでしょう。

という事で序盤ネガティブになりましたがレビューに行ってみたいと思います!

 

 

 

 


スポンサードリンク

両チームのスターティングメンバー

ベガルタ仙台側

現在最下位のベガルタ仙台ですが結構スタメンを弄ってきました。

システムは3-4-2-1なのは湘南戦と同じですが、

左のCBがこれまでスタメンだった永戸からリーグ戦初スタメンのジョンヤへ!

右WBも蜂須賀からこちらもリーグ戦初スタメンの道渕に。

ボランチはシマオから富田に代わりシャドーには違和感を右足の痛みが出たと報道があった石原先生から吉尾に。

結果が伴わないベガルタ仙台は先発5人を入れ替えて臨みます!

 

セレッソ大阪側

システムはベガルタ仙台と同じ3-4-2-1

対するセレッソ大阪ですが、前節途中交代となったデサバトはまだ全体練習に復帰していないとの報道があり、

奥埜がボランチで先発での出場です。

結果予想どおりのスタメン!

 

互いに同じシステムでのスタートでミラーゲームとなりました。

こうなると噛み合わせ的にはがっちり噛み合うのでビルドアップで外すポイントが重要になります!

その辺りも踏まえて見ていきましょう!

 

 

 

 

序盤の攻防~ベガルタは疑似カウンターを使ったのか?

結果から言うと疑似カウンターは狙ってなかったと思います。

ベガルタ仙台は配置で相手をハメてGKまで戻させてジンヒョンのフィードミスやバックパスのミスを拾って決定機を作る展開が多かったです。

ではなぜセレッソ大阪に先制されてしまったのかというとセレッソ大阪は4バック化をしてベガルタ仙台のプレスの基準点をズラしてきたからです。

セレッソ大阪のCHはソウザと奥埜ですが、ほぼ奥埜が降りて来て3バックを広げて左右を押し上げていきました。

ズラタン
ここでベガルタ仙台との違いがあります。

セレッソの左右のCBは前線まで上がって組み立てに参加をしてくるのです。

1失点目では片山が上りサイドに張り続けて柿谷をフリーにしています。

ズラタン
ついでにソウザもフリーですね。

じゃあセレッソに出来てベガルタは出来ないのはなぜ?となるんですが、

左右のCBに置いている選手の違いですね。

セレッソ戦のCBはジョンヤ・大岩・平岡でした。

特に左右の2枚は対人能力は優れてますが攻撃面ではそこまで抜けているわけではありません。

対してセレッソ大阪は左の木本は元々CBですけど右の片山は岡山時代はFW登録でした。

なのであの位置でのプレーは問題ない訳ですね(選手名鑑にもFWからWBまでプレーできる万能性が売りと書いてます)

 

なのでプレビューでも言ってましたが4バック化してサイドで使うなら平岡じゃなく蜂須賀が良いと言ったのは、

こういう攻撃面での事もあってなのです。

今回の攻撃面ではおもいっきり出てしまいましたね。

 

 

 

2失点目はパスミスから・・・

2失点目はジョンヤの縦パスを受けた富田が狙われてショートカウンターを受けて失点しました。

そもそもあの位置での富田への縦パス自体が厳しかったんですが、

ここでも攻撃時の質の差が出たと思います。

本来持ちあがって引き付けるのは、相手を引き付けてフリーの選手を作る為にするのであって、

あの位置に出すのなら受けてが前を向ける状況でないと今回のように失点に直結するミスにつながる確率が高いです。

昨年まではそこで取られない奥埜や野津田でしたが、今回は富田。

 

これが前提にあるのだからあそこで無理に持ち上がらずGKへ戻すか、前線にスキップするパス(前線へのロングボール)をだしても良かったのでは?

と言うのが僕の考えです。

 

ただパスを出すジョンヤを見てると視界の左側からは田中亜斗夢が詰めており右には都倉。

都倉は見えてないにしろ富田の横には奥埜がいるわけで、これで繋ぐのはやっぱり無謀だと思う。

この位置からカウンターを受け沈められ0-2となりゲームはそのまま敗戦となりました。

 

 

 

 

このままどうなるベガルタ仙台?

湘南ベルマーレ戦での得点時はきちんと大外の永戸まで回していいクロスからの得点があった。

今節も点にはならなかったが道渕のヘディングから吉尾という形は出来ていた。

意外とガタガタに見えてたけれど人が替わっても積み重なってる部分はあった。

 

結果が伴ってないけど、伸びてる部分は大いにある。

あとは選手がやり切れるかというのが大きな課題だと思ったセレッソ大阪戦でした。

 

次節は鳥栖戦です。椎橋が復帰できるのか?

それとも常田や照山を使うのか?

ズラタン
どういう選択になっても信じて応援をしましょう!

 

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください