ベガルタ仙台はユニフォームの貸し出しをするべきだと思う!

 

ズラタン

はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

先日なんですがふと思いついたことをツイートしたらいくつかコメントを貰いました。

 

そのツイートがこちら↓↓↓

でそのコメントに他のクラブもやってますよと教えてもらったのでちょっと調べてみました!

 

 

 


スポンサードリンク

ユニフォーム貸し出しをしてるクラブは?

ズラタン
コメントで教えてもらったのはまず次節対戦する横浜Fマリノス

ズラタン
続いてサンフレッチェ広島!


ズラタン
過去にはセレッソもやってたりしました。


(注)他にも有ったらコメントやリプをください!

Twitterで探した時に出てきたコメントを読むとやっぱりこのサービスは好評なんですよね。

ただリプにもあったようにクラブ側の管理がとても難しいようです。

 

1つは借りパクされた時のリスク

もう1つはクリーニングをしなければならないなどの点です。

 

でも僕はこのリスクを背負ってでもやるべき有効なサービスだと思いました。

 

 

 

多少の損が出てもやるべき理由!

なぜ僕がやるべきだと思ったのか?

それはユニフォームをレンタルしてくれた人が、最終的にベガルタ仙台を大好きになってもらいクラブをサポートしてくれる足掛かりになると思ったからです。

まずレプリカとタオルマフラーで2万近い出費は初めて来た人やビギナーのサポーターには厳しいでしょう。

僕も最初はレプリカではなく旧モデルのプロコンとタオルマフラーをオーレ・ベガルタで買いました。

ズラタン
オーレとか懐かしい(笑)

 

それだけでも十分ですけど、ベガルタ仙台をユアスタで同じレプユニを纏いながら応援して感じる一体感や非日常感は他にはないと思うんです。

 

ズラタン
これはベガサポのみんななら分かると思います。

 

だからこそ初めて来た人やビギナーと呼ばれる人に旧モデルだとしてもレプリカを着てもらって、一体感や非日常感を感じてもらう事で、

将来の熱狂的なベガサポになってもらえる足掛かりになるのではと思うんです。

だからこそ僕はこのレンタル制度をやって欲しいと思いました。

 

 

 

 

ユニフォームの原価って高いの?

昨年ベガルタ仙台も来場者にユニフォームプレゼントをしていましたよね?

それでユニフォームって原価はいくらなのだろう?と思ったんですが、

検索すると野球の場合はこんな感じみたいです。

ある球団関係者がいう。
「レプリカユニホームの製作費は各球団によって違うでしょうが、発注が3万着以上ですから1着当たりのコストは1000円以下。800円から900円台でしょう。巨人は今季、80周年記念ものを4度も配る。発注は15万着以上と桁外れですからコストはさらに下がる。ユニホームのプレゼントは、当日の観客増はもちろんのこと、それを着て再び来場してもらうのが狙いで、実際にそれなりの効果があるのです。それでなければ毎年のように多くの球団がやりませんよ」

プロ野球で流行のレプリカプレゼント 製作費ハウマッチ?

 

まぁソースがあれなんですけど、スポンサー協賛を募ればベガルタも出来るわけですよね。

それも野球の感じで1000円ならばレプリカだと原価はもっと低いと思います。

あとはそこに乗っかているデザイン料やブランドなんかですかね?

ここからしても倉庫で眠らせておくならレンタルに回して投資した方が回収できそうだと僕は思いました。

他のコンテンツはコチラからどうぞ!

記事を更新通知や

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください