ベガルタ仙台対浦和レッズ戦 試合レビュー 天皇杯のリベンジは?

 

ズラタン

はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

ついに2019年シーズンが開幕しましたね。

ズラタン
そして今年もレビューマラソンという地獄(誰もやってくれと頼んでないw)が始まりました。

ズラタン
という事で早速ですが浦和レッズ戦のレビューをしていきましょう!

 

 

 

 


スポンサードリンク

両チームのスターティングメンバー

ベガルタ仙台側

システムは3-4-2ー1。新加入の長沢、兵藤がスタートから出場です。

開幕前に椎橋が足を捻挫するアクシデントがありました。ただそこのポジションには長年仙台のセンターラインを支えてきた富田晋伍というボールハンターが居るので、そこまで杞憂する事態ではなかったです。

ただ10人も入れ替わるとどうしても昨年と比較されてしまいます。ですが昨年には無かった前線に高さ(トラストタワー並み)が手に入りクロス数が多かったものの得点に繋がらないシーンがあったので長沢の獲得というのは身長だけでなく大きかったと思いますね。

 

 

 

浦和レッズ側

システムはゼロックス同様に3-1-4-2です。先週は川崎フロンターレに1-0で敗戦。しかもシュートを1本しか打てずにやりたい放題されたとは伺ってます。

武藤と青木が怪我の為に欠場中の為に新加入の杉本とエヴェルトンがゼロックスと同様にスタートから出場。

またWBでは昨年やられた橋岡をベンチに下げて山中を左に入れ、宇賀神を右に置くことで共存をする戦略を取ってきました。

システムはそのままに左右を入れ替えてどうなるのか?という感じですね。

 

 

 

 

ベガルタ仙台の守備

開幕戦ということでお互いが相手を探りながら試合をしていく展開が多いと思います。

なのでまずはベガルタ仙台の守備を重点に見ていこうと思います。

試合を通して言えたのはベガルタは守備の切り替えが速かったという事。

攻撃に出て失敗したあとすぐにフォアチェックを掛けることで相手の攻撃を遅らせる。

中盤では厳しく相手に寄せる

ゴール前は最後まで体を張る

基本的なことが守れていた。

それもCFの長沢が献身的に動きそれに合わせてハモンと石原も一緒に動く。

相手にはいいボールを出させなかったことが大きい。

ただこれは浦和レッズにも言えることでありこの試合の前半は互いにサボらなかったのでシュート数の少ない前半だった。

後半になると徐々に運動量が落ちてくることからスペースが生まれ始めるも最終ラインを互いに破る事が出来なかった

ま、開幕はこんな感じですよね。

 

ではベガルタの守備について見ていきましょう。

まずベガルタは前からプレスに行くときと引いた時で立ち位置が違います

前からプレスを掛けてボールを奪いたいときは5-2-3の状態。そこで奪いきれなくてスペースを埋めるときは5-4-1になります。

 

まずは前からプレスに行くとき

5-2-3となるわけですがまずは簡略図をどうぞ。

5-2-3でセットして構えます。

ただ闇雲に行くのではなくある程度誘導するような意図を感じました。

アンカーやIHへのパスコースを意識した立ち位置を取って距離を詰めながらサイドへ誘導し

誘導するとベガルタのWBが進路を塞ぎボランチ、シャドーのプレスバックで一気に奪う。

奪いきれなく後ろに戻されるとまた最初に戻り、

もし突破されてラインが下がると今度は次の引いて守るパターンに移行する。

 

 

引いて守るときは5-4-1

スペースを埋めて守るときは5-4-1になります。

5-4のブロックを作り中央を使わせない様にする。

5-4はとにかくコンパクトにを意識してた。

外からのクロスに対しては体を当てるなどとにかく少しでも相手に打ちやすくさせない。

これはキャンプでやっていたことですね。

またアンカーは長沢がケアしていて、隙を見てプレスバックをして奪うシーンもあった。

どちらも共通して言えたのは奪ったあとは長沢とハモンへボールを出すことが多かった。

ただ長沢はポストプレーをした後囲まれたり、ハモンは槙野に競り負けていたのでいい攻撃には中々繋がらなかった。

これがボール保持率を下げた原因になったと思います。

 

 

 

ボールを保持した攻撃をしなかったのはなぜか?

ベガルタ仙台はなぜ6割近くのボール保持をされたのか?

守備を重点に置いていたとしても流石に回されすぎではないのか?

長沢目掛けて蹴りすぎじゃないのか?

まぁ色々あるとは思うけれど1つ思うのはこの試合はボール保持にこだわってないのでは?という事。

 

この試合を見ていて昨年天皇杯で使用してた4-1-5への可変していたのが何度か見れられていた。

ただ可変をしてもギャップを使わず前線へ蹴っ飛ばすシーンが多くて

 

ズラタン
はて?可変とは?ギャップを使わんのはなぜ?

 

ここで思い浮かぶ要素はやはり椎橋の故障

ビルドアップの面では椎橋は必要なピースである。

理想を追い求めて負けるなら、理想を捨てでも勝ちを取る。

それでこの戦略になったのではないかというのが僕の予想。

去年はリーグ戦は11位だったけど天皇杯は準優勝

スポンサーも期待して今年は協賛をしてると思うので

今年は昨年以上の結果が求められており、例年以上に結果に拘ったと思う。

 

ただ代役(と言われると本人は不満だろうけど)で出た富田晋伍も持ち味を発揮していた。

前半26分の長沢のヘディングのチャンスシーンは富田の素晴らしい読みで奪った所から始まっている

その後も前線まで上がり蜂須賀へボールを渡すなど彼も課題を少しずつ克服していると思う。

昨年のリベンジ、そして持っているカードを考えて一番勝てる選択肢を選んだ結果

このような選択になったのではと思います。

 

 

 

 

ギャップが怖かった永戸のポジション

DFラインの中で1つ不安があったのが本来WBの永戸をCBで起用することです。というのはこの起用昨年まではビハインド時のオプションだったのですが、今年は本採用になってました。

今年このポジションに永戸を置くと守備面で狙われる1つのポイントになるでしょう。

ではなぜそこまでして使うのか?メリットとデメリットで見てみましょう。

メリットで言うとやはり攻撃面。

サイドが本職であり関口が上りスライドして4バックになると自然とSBへ変形。

そこから更にオーバーラップする事で攻撃参加に厚みがでますしあの位置から試合を組み立てられればサイドに戻った時に違ったプレーが出来るはずです。

 

 

デメリットは高さを狙われるという事。

この試合では何度となく杉本とのマッチアップがありどうしても不利なシーンが多かった。

最後まで体を張ってはいたけれど、身長では勝てないので何度かポイントは作られていた。

今後スカウティングでここは狙われると思う。

 

ちなみに渡邉監督はどういう意図だったのだろうか?

昨年は実際に(永戸)勝也が3バックに入った場面はほとんどないので、昨年との比較というのは正直できないのですけれども、でも今シーズンにずっとキャンプからあのポジションでやって、彼の良さというものを発揮するための役割だということを認識させてトライさせてきました。
最初は戸惑った部分も多分あったと思いますけれども、日に日にプレーの整理が付いてきて、しっかりとパスを供給できる場所を探せています。おそらく、あとはちょっとした精度のところであったり、タイミングのずれをなくしたりしていければ、もっと相手のプレッシャーを回避して我々が前進できるようなシーンを作れるのかなと思っています。
あとはやはり、リスタートですよね。投げても蹴ってもあれくらいやってくれるので、その辺は我々の武器にしていきたいと思いますし、彼の左足というところにもっとフォーカスがいくように、チームとしても彼の能力が発揮できるようなシチュエーションを作って上げられればと思います。

公式会見のちょっと気になる部分を太字にしました。

あのポジションは『良さを発揮するための役割』となってるのでやはり永戸の攻撃力ですね。

その攻撃力を活かすためにあの位置に配置してると思います。

後半にあったフリーで上げたクロスや前に縦パスを入れる役割をさせたいのではないかと思います。

 

冒頭でも書いたように今年のベガルタにはトラストタワー並みの目印がある。

ズラタン

しかもトラストタワーなのに機動力もあるし隣にはSS30(ハモン)も立ってるしね。

 

今後永戸の攻撃参加が増えてクロスを上げる回数が増えるほどより長沢の強みが出てくると思いますね。

 

 

 

 

あとがき:次節(マリノス戦)に期待する点

結果ボールを支配されながらも0-0の引き分けに終わったのですが試合終了時のスタッツを見るとそこまで悪くないと思いました。

ベガルタ仙台 0-0 浦和レッズ
9 シュート 10
5 枠内シュート 4
38% ボール支配率 62%
338(68%) パス(成功率) 686(82%)
1 オフサイド 2
2 CK 2
21 ファウル 18
2/0 黄/赤紙 2/0

DAZNより

興梠には仕事をさせなかったし、本当に危ない場面はエヴェルトンがふかしたシュートの所だったと思う。

2011年や2012年ならこんなスタッツで2-0とかもあったしね。

本当なら勝ち点3を取りたかったけれど対戦相手、自分たちの状況を見ても妥当な勝ち点1ではないだろうか?

ポジティブになると0点に抑えたこと。これを自信にして次に向かわなくてはいけませんね!

 

次の対戦相手は?

さて次節は昨年13失点をした天敵横浜Fマリノスです。

場所は三ッ沢ではないのである程度やれると思いますね!

 

流石に昨年の借りをきっちり倍返しにして欲しいと思います。

 

ズラタン

次節のポイントはトラストタワーこと長沢のポストプレーを活かしきれるか?

ここである程度決まってくると思います。

他のコンテンツはコチラからどうぞ!

記事を更新通知や

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください