【2009年版 ベガルタ仙台 スターティングラインナップ】宮城スタジアムからはじまるスタメン選手紹介動画

ズラタン
どうも何気にyoutuberをしてたズラタンです!

ズラタン
前回のスタメン紹介動画どうでした?

ズラタン
ほかにこんなの見たいよっ!とかあれば遠慮なくコメントしてくださいね!

ベガルタ仙台の2009年シーズンプレビュー

この年のチームスローガンは『闘志躍動 思いを胸に…』

 

前年の入れ替え戦での敗退から主力の多数引き抜きが予想され

 

草刈り場となるだろうと言われたベガルタだったが

 

MF千葉直樹選手(当時)がおなじくMF関口・リャン選手両名に対して

 

『残るんなら俺も来年も続けるっ!』

 

と言ったらしく2枚看板の引き抜きはほぼ無く

 

またレンタル中のGK林卓人もレンタル再延長して残留

 

前年レンタル移籍だったDF一柳夢吾、MF斉藤大介、西山貴永は完全移籍で加入

 

山形からGK桜井繁、横浜FCからDFエリゼウ(←これが超デカイ)神戸からMF曽我部慶太、

 

韓国の水原三星から元同国代表DF朴柱成をそれぞれ完全移籍で

 

助っ人FWでブラジルのポンチ・プレッタからマルセロ・ソアレスを期限付き移籍で獲得し

 

草刈り場のはずがムキムキになってシーズン開幕するという謎の事態に・・・

 

これもあと一歩の所で昇格を逃した『入れ替え戦』があった事

 

J2優勝して昇格をする完全昇格を掲げたことがすべてだと思います

 

それに選手が賛同し全員残ってくれたことでサポーターも一丸となり

 

選手を鼓舞しようとなったシーズンでした

2009年版 ベガルタ仙台 スターティングラインナップ(本編)

2009年はユアテックスタジアムが芝生の張替えの為に前半戦使用不可という

 

ハンデを背負った状態でスタートしたシーズンでもあり

 

駐車場に駐車したら試合後出れないわ、最寄り駅から歩くと1時間は軽く掛かるわ

 

陸上トラックあるのに傾斜が少なくて見えずらいわと

 

ホームなのにアウェイという珍事に

 

ズラタン
個人的には活きたくないアウェイに入ってます

 

では本編をどうぞ!

(注)知人の声が入ってたり揺れてたりしますのでご了承ください。

 

ベガルタ仙台の2009年シーズンレビュー

リーグ戦は第2クール終了時点で20勝6分8敗(勝ち点66)の2位。最終・第3クールは第39節(9月13日)で福岡に敗れた以外は無敗をキープ。11月8日(第48節)に水戸に勝利してJ1昇格条件の3位以内が確定。

続く第49節(11月22日)では首位C大阪との直接対決に勝利し、入れ替わりで首位に浮上。第51節(12月5日)は愛媛と引き分けたものの、2位のC大阪が鳥栖に敗れたため、J2初優勝を果たした(最終戦績は32勝10分9敗の勝ち点106。2004年に川崎が記録した「105」を上回り、J2歴代最多勝ち点を記録[注 1]

守備が非常に安定し、総失点はリーグ最少の39、1試合あたりの平均失点は0.76点。3失点以上を喫した試合は1度もなかった。また前年に引き続きファウルの少なさも目立った。反則ポイントはフェアプレー賞の選考基準51ポイント以下に対して僅か17ポイントで、2位の湘南(86ポイント)を大きく引き離し、2年連続のJ2フェアプレー賞を獲得すると共に、チェアマン特別賞も受賞した。

天皇杯ではチーム初のベスト4へ進出(準決勝でG大阪に敗戦)。

このシーズンはホームゲームで19勝5分2敗。春先に宮城スタジアムで2敗を喫したものの、その後は安定した戦いを見せ、ホーム23戦無敗というJ2新記録を打ち立てた。同じく記録したホーム12連勝もJ2新記録。天皇杯も含め、ユアスタ仙台で無敗のままシーズンを終えた。

ベガルタ仙台2009年 Wikipedia

2009年は僕が年間チケットを所持してたシーズンでもあり

 

リャン・関口選手が残るなら資金面で

 

ズラタン
僕も何とか貢献したいっ!

 

と頑張って買った年でした←財布すっからかん

 

GKは卓人が不動のスタメンでCBはエリゼウ・広大(J2では無双)

 

SBのパクチュソン(腐っても元韓国代表)のクロスにSBの菅井が突っ込む攻撃が見え始め

 

ボランチは前半戦は斉藤・富田コンビで後半はやっぱり千葉直樹がスタメン

 

梁、関口のサイドハーフはほぼ鉄板。

 

泣き所はFWで選手の固定できなかったけど中原の4試合連続途中出場ゴール

 

マルセロソアレス(なんだかんだで二桁得点)の活躍

 

そして現実的な堅守速攻への戦術転換でJ2優勝&天皇杯ベスト4の快挙ッ!

 

またパクチュソンがデブって来日キャンプ中に連日のウォーキングなど

 

これほどネタ切れがないシーズンは珍しかったです

 

ズラタン
またユアスタが最高の環境だと再確認した年にもなりますねっ!

宮城スタジアム誕生の経緯

今でも時々使用する宮城スタジアム(ネーミングライツにより現在はひとめぼれスタジアム)ですが

 

このスタジアムは2002年W杯の使用を目的に作られました。

 

その為5万人近くの観客動員が見込めるのですが残念ながら陸上トラックも付いている為

 

ピッチまでは遠く臨場感には欠けるスタジアムです。

 

客席は角度はあまりなく観戦しづらいです

ズラタン
ほとんど解放されないメインスタンド2階席は転げ落ちるんではないかという位角度があります

 

唯一バックスタンドの中段より上は急に傾斜が付いてる為観戦しやすく

 

屋根にも隠れて雨風防げる唯一優れた場所になります

 

ユアテックスタジアム仙台と比較するととにかく悪評しかない宮城スタジアムですが

 

もっとも評判が下がった原因はアクセスにあります。

 

普段は地下鉄で中央から歩いて10分も掛からない好立地ですが

 

宮城スタジアムは宮城県の利府にあり駅から歩くと1時間近く掛かりほぼ車での移動を強いられ

 

またスタジアムの隣にある駐車場も片側一車線しか無い為一度入ったら出られない蟻地獄のようになってます。

 

シャトルバスもありますが個人的には車で来てもあまり変わらないといった感想です

 

ちなみに利府町は仙台市近辺のベットタウンとなっておりスタジアム周辺にはコンビニが数件ある程度。

 

スタジアムから利府高校側を下るとイオンはありますが車移動が必須な距離

 

本来は岩切辺りから路面電車やらなんとかあったらしいですが

 

色々あって白紙になったそうな・・・

 

使用料的にも入場者数の見込める試合でしか運用しておらず

 

現在は扱いに困ったスタジアムの一例と言えるでしょう。

 

これもユアスタの観戦環境が良すぎた為に

 

宮城スタジアムの悪い部分がより顕著になってると思いますね。

⇩2010年はコチラ⇩

【2010年版 ベガルタ仙台 スターティングラインナップ】新たな歴史を刻み出したベガルタ! スタメン選手紹介動画

2017.01.31

いつもありがとうございます。

ポチッって貰えると嬉しいです!

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください