【兵藤慎剛】運動量とキャプテンシーがある頼れるベテラン!

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタン(@NoNoroi8)です!

この記事はベガルタ仙台の兵藤 慎剛選手の紹介になります。

ここでは僕が兵藤慎剛選手のプロフィール・プレースタイル・エピソードを紹介していきます。

ではまずサクッと簡単にプロフィールから見てきましょう。

 

 

 


スポンサードリンク

兵藤慎剛選手のプロフィール【名前・身長・体重など】

氏 名 兵藤 慎剛
愛 称 ヒョウ
身 長 172cm
体 重 68Kg
生 年 月 日 1985年7月29日生まれ 
効き足 右足
血液型 B型
背番号 6番
出身地 長崎県
ポジション DH/OH/SH(要は中盤ほとんど)
推定年俸 3000万
サッカー歴
茂木サッカースポーツ少年団 – 海星中 – 国見高 – 早稲田大 – 横浜F・マリノス – 北海道コンサドーレ札幌
代表歴
U-20日本代表(2005年)※2005年 FIFAワールドユース選手権メンバー

【通算成績】2018年まで

出場試合数 得点
J1 315 34
カップ戦 92 13

 


関、平山とは同級生であり高校のチームメイト。

名前は『しんご』ではなく『しんごう』。その為信号機のコスプレをさせられていたようですね。

あと同性で字違いに兵働(元エスパルスで昨年現役引退)もいますがこちらは人違い。

国見高校では歴代最高のキャプテンと言われ、マリノスでは2年目でキャプテンマークを巻いた

髪型からカッパというあだ名があるらしい。

 

 

 

 

そんな兵藤選手のプレースタイルとは?

中盤ならポジションは関係なく出場している印象のある兵藤選手。

マリノス時代は左右の基本サイドハーフとボランチでの出場。

コンサドーレ時代はボランチとシャドーでの出場してたが2018年シーズンは出場機会が激減し移籍となった。

ちなみにマリノス→コンサドーレの時もモンバエルツ監督が世代交代をした影響で移籍している。

気になるプレースタイルですが今回の情報はお市@トリコロール箱推し より教えて頂きました!

ちなみにお市さんはマリノスで戦術を分析してるブロガーさんになります。


兵藤は運動量が多く足元も上手くいろんなところへ顔を出してくれるタイプ

半面ミドルシュートやロングパスはあまり期待できないようです。

運動量の多いタイプの為であり同様の役割があった奥埜・野津田の代わりに即戦力として獲得したのでしょう。

ただし運動量だけではなくセットプレー時のキッカーやアシストの1つ前や2つ前のパスを出したりしてる印象が多く

リンクマンとして機能するいい補強だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

兵藤選手のプレー集

本筋からはズレるがプレー集を探していて思った事でコンサドーレに在籍したことがある選手はプレー集が多く見つかるんですね。

おそらく根っからのファンが作ってるんでしょう。

こういう動画があると他サポ的には助かりますよね。

動画を見た感想はゴールだけではなく、アシストやアシストの1つ前のパスを出したりしてチャンスメークしてますね。

 

 

 

 

あとがき

何気に筆者と同い年の兵藤選手ですがまだまだ戦えると思っています。

というか頑張ってほしい!

最近若い選手ばっかりだから(笑)

 

あと関は平山同様に『相談してません』とか言われるのかな?

新加入選手の会見と合わせて楽しみになりますね!

一覧へ戻る

2019年在籍選手まとめページは↑をクリック!

 

スタジアム観戦まとめ記事

↓↓↓観戦記はコチラをクリック↓↓↓

↓↓↓リーグ戦レビューはコチラ↓↓↓

↓↓↓ズラタンの選手名鑑はコチラ↓↓↓

ズラタンのTwitter

ベガルタのこんなことやあんなことを呟いてるので

フォローがまだの人はぜひフォローお願いします。

↓ズラタンのツイッターフォローはコチラから↓

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください