【来季のJリーグ】ホームグロウン制度と外国籍選手枠の変更がベガルタ仙台に及ぼす影響

スポンサードリンク

ズラタン
はいどーもこんにちは!ズラタンです。

 

ズラタン

シーズン半ばから噂されていました外国籍選手枠の変更と、

新たにホームグロウン制度の採用がベガルタ仙台にどのような影響があるのかについての考察です。

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 


スポンサードリンク

ホームグロウン制度とは?

この制度は自分も初めて聞きました←多分聞き流しただけ

Jリーグからのお達しではこんな内容の精度です。

 

<ホームグロウン制度>

Jクラブは、ホームグロウン選手(以下、HG選手)を規定の人数以上、トップチームに登録しなくてはならない。

■ホームグロウン選手の定義:
・12歳から21歳の間、3シーズン又は36ヶ月以上、自クラブで登録していた選手
・満12歳の誕生日を含むシーズンから、満21 歳の誕生日を含むシーズンまでを対象とする
・期間は連続していなくてよい
・21歳以下の期限付移籍選手の育成期間は、移籍元クラブでカウントする
・選手を国籍、又はプロ/アマの別、又は年齢で区別しない
・JFA・Jリーグ特別指定選手は、HG選手と見なさない

■規定人数:
・HG選手の登録数は、開幕時の登録ウインドー終了時にカウントする
・期限付移籍の選手は、移籍先クラブでの登録とみなす

シーズン 2019 2020 2021 2022
J1 2人以上 2人以上 3人以上 4人以上
J2 定めなし 定めなし 定めなし 1人以上
J3 定めなし 定めなし 定めなし 1人以上

■罰則:
・HG選手登録が規定数に満たない場合、不足人数と同数を、翌シーズンのプロA契約25名枠から減ずる
・AFCチャンピオンズリーグ出場クラブの場合、プロA契約27名枠から減ずる

■現制度の存続
・自クラブ第3種又は第2種チームで3年以上育成したプロA契約選手を、プロA契約25(27)名枠外で登録できる制度は存続する
・当該選手はHG選手と見なされる

とあります。

根底にはユース世代の強化を目的とした制度のようですが、

育成年代のインフラが整ってないクラブは結構辛い制度ですね。

 

無理やりにでもトップに上げないとA指定選手枠が減るんですから。

その為J2、J3での採用は2022年以降になっています。

ホームグロウン制度の対象選手は?


早速りゅうさんがまとめてくれました。

高卒選手は3年目からHG選手になるわけです。

なので菅井も対象になるわけですが、リャンは大卒で22歳からの所属になり対象外になります。

 

この制度だと大卒選手を獲得するメリットが少なくなりそうです。

が、ベガルタにはベガルタ仙台ユース→仙台大学→ベガルタ仙台へというパターンがあるので

この場合ユース所属時の3年で年数はクリアしてるから獲ってもHG枠になります。

 

今後はユースからトップに上がれなかった選手が獲得されることが増えそうですね。

 

 

 

 

外国籍選手枠の変更

続いて外国籍選手枠の変更についてです。

<外国籍選手枠>

■規定:

選手登録 ・J1/J2/J3 いずれも制限を設けない *
試合エントリー
(ベンチ入り)
・J1は5人、J2/J3は4人上限とする **
試合出場 ・J1は5人、J2/J3は4人上限とする **

* 現行の日本サッカー協会(以下、JFA)のプロ契約制度(A契約25名枠および、JFA加盟チーム規則第10条に定める事項)は維持する

** JFA加盟チーム規則第10条に該当する選手および、Jリーグ提携国として定める国の国籍を有する選手は、外国籍選手の人数に含めない(2018年11月20日現在のJリーグ提携国:タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール)

■導入時期:
2019シーズンより

■適用:
シーズンを通じて適用

■その他: カテゴリー(J1/J2/J3)が異なるチームが対戦する場合の取り扱い
・JリーグYBCルヴァンカップ:それぞれの所属リーグの外国籍選手枠を適用する
・J1参入プレーオフ:外国籍選手の試合エントリー(ベンチ入り)・試合出場は4人を上限とする
・天皇杯:別途、(公財)日本サッカー協会が定める

 

外国籍選手の登録は何人でもOK。

試合出場はJ1だと5人まで(但しJリーグ提携国の選手は含まない。例だと札幌のチャナティップ等)となります。

 

つまりこんな先発も可能になったワケですね。

ここにタイの選手が入ってもOKという事になります。

 

 

 

 

ベガルタ仙台に及ぼす影響

今回の制度が変わった事で言えるのは

それはユースの強化が今よりも重要になったということ。

 

HG選手の育成が重要になり、保有することが重要になります。

ただ保有していても意味がないのでなるべく戦力になるHG選手が必要になります。

奥埜のようなね。

この点に関してはベガルタはまだまだ遅れているので、改善するいい機会でしょう。

 

ただ外国籍選手枠のプラスはお金を持っているクラブが優位になるでしょう。

登録は無限なのでFWを5人登録して、パフォーマンスのいい選手を使う事も可能になりました。

 

それもこれもすべてはイニエスタ加入が引き金ですね。

良いか悪いか現段階でははっきりとは言えませんがクラブの方針をしっかりと決め、

制度を上手く使い狡猾に経営することが求められると思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください