【ベガルタ仙台夏のユアスタ限定】キラキラオーラで収益確保を考えてみた件

スポンサードリンク

はいどーもこんにちは!ズラタンです!

最近通勤中に引退した安室奈美恵のアルバムをヘビロテしてます。

僕が中学校の頃は安室奈美恵と浜崎あゆみの2人が女性では音楽業界を引っ張っていたんですよね~懐かしい!

本当に歌には人を動かす力がありますね!

と言うことは我々ベガサポの歌うチャント(応援歌)にも選手を後押しする力があるってことですね!

 

そんな応援歌の中でもベガルタ仙台が勝った時にしか歌えないオーラ(AURA)はみなさん知ってると思いますが

今日はそのオーラについての話題です。

ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 


スポンサードリンク

そもそもAURAってなに?

ベガルタ仙台で歌われてるAURA(オーラ)だけど実は元々はグループの名前が由来だったりする。

1989年に『いかすバンド天国』という番組に出演したことがきっかけでメジャーデビューしたビジュアルバンドでした。

勝った時に歌うオーラの原曲は『愛・オーランド』という彼らの曲である。

その後一旦は解散するが2006年に再結成し2009年のライブで「お互いに頑張りましょう!」と呼びかけたあたりから交流が始まりついにはスタジアムに呼んでライブをしたりしました。

ちなみにその2009年の話は以下の冒頭です。

まぁそんなこんなあって今でも時間が合うときにはスタジアムに応援に来てくれるようになったAURAさん達の説明でした。

(ズラタン調べ)

 

 

 

 

夏のオーラ用のグッツを作ってしまえばいいんじゃない?

じゃ今回の中身はなんや?とうことになるけれどそれはナイトゲームで勝った時に歌うオーラに合わせてスマホのライトを光らせてる通称『キラキラオーラ』というのがあり

それに合わせたグッツという事になります。

↓ちなみにキラキラオーラはコチラ↓

どうせならグッツを作ればいいだろうと思ったわけですよ。

野球は勝った時や7回にジェット風船を飛ばしてますけどあれ4本で200円だから結構な収益になると思うんですよね。

ただしサッカーでは使えないのでもっとべつな方向で考える必要が出てきます。

となると最初に思いついたのは

 

そう・・・

 

 

 

 

サイリウムですね。

特に黄色にすれば綺麗に見えるしライブでも使えるのではないかと思ったのですが

 

ズラタン

明るい照明の下のユアスタだと微妙になりそう

 

ということになりそうだと思いました。

 

なのでVPORTをアプリにしてしまえばいいんじゃないかと思ったのです。

え?突然こいつ何言ってんの?←読者の反応。

 

いや、アプリにしてWi-Fiを自動で繋げるようにして開発費はスポンサーを見つけて広告費として集めれば作れると思うんですよ

なによりアプリとラインでおしらせの種類を変えれば違った使い方できそうじゃないですか?

ラインは初心者やライトからコアサポまで全体に流せるし、VPORTのアプリはスタジアム来る頻度の高い人だからアンケート調査も真剣に答えてくれるだろうし

意識調査やどこからどのような交通手段で来たのかとか最初に入力させれば情報も取れて一石二鳥だとおもうんですよ!

そこにとどめのキラキラオーラ用のライトボタンを付ければもう完璧ですね!

 

 

 

 

スポンサーの集め方はなにもアナログだけではない。

ベガルタ仙台は白幡社長時代に地元のみでスポンサーを集めるという手段をとってました

ただそれは最終的に自分たちの首を絞めることとなったと思います。

 

現在はインターネットで世界中繋がってます。

 

それならばなにも日本に限った話ではなくて日本進出を考えてる企業もあるだろうし

なにより学生に作らせても面白いと思うんですよ。

就職する前に本格的なアプリ開発に携わる事が出来るし人件費も落とせるし学校の宣伝にもなるでしょう。

 

もちろん簡単に行くとは思ってませんが意見は出した方が出さないよりいいと思います。

 

これからもこのベガサポスタジアムはちょっと変わった意見を発信していきますので宜しくお願いします!

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください