【ベガルタ仙台 天皇杯】抽選に踊らされ仕事を放棄した午後

天皇杯はベスト8になると抽選会にて対戦相手を決めている。

我がベガルタ仙台も今年は順当に勝ち上がり2013年以来のベスト8となった。

 

 

となると期待をするのは当然ながら決勝戦になる

今は国立が予算云々で2転3転したが順調に改装中の為開催不可。

なので決勝戦は埼スタで試合となります

 

ではまず核となる出場チームのご紹介。

 

あと今回は普段と違い砕けた文章の記事になってるので寛大な目で見てくださいねッ!

 

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

No.1【赤い悪魔ウィーアーレッズ

言わずと知れた日本が誇るビッククラブである

昨年はACLを10年ぶりに優勝

だが今年は堀監督が途中で解任され、過去にベガルタにも所属してた大槻親分が代わりに指揮をとる事態に。


この人事でなんとか持ち直すと元鹿島監督のリカルドオリベイラをブラジルから招聘

だが名古屋戦で審判の西村をFWと発言し2試合出場停止を受ける。

なぜウチの西村を褒めるんだ?となったベガサポ多数。なお、この試合の西村のポジションはMFの模様。


歳をとったわりにやんちゃなところは変らずといったところである。

尚、ラファエル・シルバを中途半端な時期に抜かれ相当ダメージがデカい模様

 

 

 

 

No.2【サガントーレス

かつてはベガルタと双璧を誇った貧乏クラブだったがサイゲームズという巨大スポンサーを鎖骨に錬金するとあり得ない様な補強を慣行


元スペイン代表のF・トーレスを獲得するなど予算ではもうお手上げの差を付けられる。

なお順位はお察しの通り

大学の同期が出世して役職付きになっていたのをFacebookのコメントで知った時のような気分をサッカーでも味わう事になった・・・。

 

 

 

 

No.3【風林火山甲府

こちらも元J2同期。J2初期は存続も危ぶまれたが今では有望な選手を多数輩出。


今年はJ2ながらルヴァンカップ、天皇杯と勝ち上がりリーグ戦に専念させてもらえない罰ゲームを受ける。

ルヴァン杯と天皇杯ベスト8が確定した。

ちなみにJ2での最多試合数はベガルタ仙台が2009年に記録した試合数を甲府が上回ることが確定

1年でのJ1復帰云々以前に試合数がとんでもないことになっている。

個人的には試合数多くて選手の消耗大丈夫なのかと聞きたい。

本来なら天皇杯どころじゃないクラブその1

 

 

 

 

No.4【盟友フロンターレ

説明不要の盟友である。


こちらもJ2同期であったが気づいたらJ1を制覇しグランドラインの遥か彼方へ旅立ってしまった。

サガントーレスが部長なら盟友フロンターレは起業家の社長と言ったところ。

もはやベガルタには越えられない壁のようなものがある。

あ、優勝おめでとうございました。あの逆転負けは忘れません。

 

 

 

 

No.5&No.6

試合が終わってないので紹介を省きます。

住友金属鹿島製鉄所対東洋工業サッカー部

ヤマハ発動機対東芝サッカー部

こちらの勝った方がベスト8となる。

 

 

 

 

No.7【山の神山形

隣県にある両チームの試合は『みちのくダービー』と称され毎回白熱の試合なる。


白熱しすぎて自分が見てるダービーだけでもレッドカードが4枚は出てる。

今年もプレーオフ進出を狙える順位に付けているので

場合によっては天皇杯どころじゃないクラブその2

 

2015年以来のダービーマッチが天皇杯で組まれる可能性が残っており

ベガサポはここでダービーやりてぇと常々語っていた。

山形『田舎の癖に都会ぶるな!』 仙台『田んぼの中にタワマン建ててるくせに』はもう鉄板のくだり。

 

以上に我がベガルタ仙台を加えた8チームで抽選会が行われ対戦相手を決める。

 

 

 

 

抽選会を忘れて仕事に没頭

社畜な僕は抽選会をすっかり忘れており、気づいた時には17時を回っていた。

 

ズラタン
ハッ!!!?抽選会始まってるやん!

 

 

事務所にで仕事をしていたが急いでスマホのYouTubeアプリを立ち上げる。

もちろん僕の中では抽選会>仕事である。

これはサポーターとしては当然であり義務でもある。

 

抽選次第では最寄が山形。遠くて広島になってしまうのだからとても重要になってくる。

僕はごく自然に音量を無音にしアプリを立ち上げる。ここまでのスムーズな一連の流れをなぜ仕事に活かせないのかと一瞬頭をよぎるがすぐに忘れる辺りどうしようもない。

 

 

もちろん上司の監視カメラ(目)からは見えない位置に僕はスマホを配置する。さながらデスノートの夜神月(やがみライト)がポテチの袋の中に携帯テレビを隠すほどの緻密な角度である。

スマホに目をやると既にヴァンフォーレ甲府まで抽選が終わり枠が埋まっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この段階で賞金的な事を言うと左の山には行きたくないのが正直なところである。

残ってるチームは鳥栖、川崎、山形、仙台の4チーム。

そして次の抽選でモンテディオ山形がドンピシャで8番に飛び込む!!

ここで僕の中では1つのシナリオが出来上がっていた。

 

先に仙台か山形が7か8に飛び込む。そうすると1/3でみちのくダービーとなるわけだ。

久しぶりダービーをやりたい!FC東京に山形が勝ってからずっと思っていたことだった。

自然と僕の期待感が高まってくるが抽選は止まらない

 

 

そして次に引かれたのが2番である。

もうここまで来たらそこには飛び込みたくはない!!

左の山は腹を空かせた猛獣しかいない檻に肉をもって入るような心境

カップ戦で強いチームしかおらずかなり厳しい。

だがそこへ入ってくれたのは同期のサガン鳥栖!

ありがとうサガン鳥栖!!

 

そうなると後は2/1でダービーとなった。

 

 

 

 

 

残るは川崎と仙台の2チーム、ここまでは計画通りに進んでいた。

あとはベガルタ仙台が7番に飛び込むだけである。

ここまで来ると胸の高鳴りが止まらない!

 

こんなに興奮してるのは久しぶりだ!

 

 

だが抽選は止まらない。

 

引かれた番号は7番!

 

7番!

 

 

7番!!!!

 

 

 

もうパチンコで言えば激アツ!!!!って出たような感じ!!

えっ?!やらない人には分からない?

なら競馬で言えば最終コーナーを回って直線を2頭で争うような感じ!!

さぁ鈴木啓太よっ!あとは”ベガルタ仙台”と書かれた札を引くのだ!!

 

 

 

そして1つのボールが引かれた

 

 

 

 

出てきたチーム名は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木< 川崎フロンターレです。

 

 

 

 

僕は静かにアプリを消し、仕事に戻ることとなったがその後の仕事の効率が悪かったのは言うまでもない。

 

 

結果的には・・・

ベガルタ仙台はジュビロ磐田とコンサドーレ札幌の勝ったどちらかと当たることになる。

ちなみにジュビロ磐田には今年勝ててないので”リベンジチャンス!”到来

コンサドーレ札幌は会場確保が難しいようで、こちらのホームになるかも知れないとの事。

 

ちなみにモンテディオ山形とベガルタ仙台両チームが勝つとみちのくダービーだ。

天皇杯ベスト4での対戦は過去にないから盛り上がるハズ!!

今からとても楽しみだ!!

とか言ってるとベガルタはサクッと負けるから謙虚に行こう。

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください