【ベガルタ仙台】楽天のパクり?来場者先着17000名ユニフォーム無料配布の効果とは

スポンサードリンク

ズラタン
どうもズラタンです!

 

ズラタン
ユニフォームプレゼントと言えば楽天イーグルスなどプロ野球が有名ですね

 

9月15日にあるベガルタ仙台対FC東京戦でも来場者先着17000名に無料ユニフォームが配布されます

 

今回は無料ユニフォームを配る事で得られる効果を予想し、ベガルタ仙台が何を狙っているのかを考えてみました。

 

ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

単純にユニフォームを配るメリット

僕はタイトルで明確に『パクリ』と言いました。

 

パクりってだけ聞くと非常に悪いように聞こえがちで

 

ズラタン
なんだよッ楽天イーグルスのパクリで2番煎じじゃねーかッ!

 

という感じに思ってしまう人もいるかもかもしれません。

 

ですが今回のような『このパクる事』を悪い事だと僕は思いません。

 

ズラタン
大いに結構!むしろもっとするのだベガルタよ!

 

とさえ思っています。

 

他のジャンルやライバルがやって効果があるものを取り入れるのは

 

ビジネスの世界では常識だからです。

 

例えるならコンビニの100円コーヒーですね。

 

あれも今ではどこでもやっていますが

 

最初はセブンイレブンだったと思います←うろ覚え

 

コンビニで挽きたての本格的なホットコーヒーが飲めるという事ですぐに話題になり

 

たちまち人気が出ると他店も後を追うようにマネ(パクり)をして

 

今ではコンビニで挽きたてコーヒーは当たり前となりました。

 

ただセブンイレブンの100円コーヒーも元はマックの100円コーヒ-から

 

着想を得たのではないかと個人的には思ってます。

 

このように他のジャンルやライバルがやっていて効果のあるものはもっとパクるべきです。

 

ちなみにこのようにいいなと思った事をパクって自分のものにする事を

 

TTP(徹底的にパクる)

 

と言うらしいですね~僕もジャンクスポーツに出てた柔道一家が言っているのを見て知りました。

 

ちなみに間違ってもTTP(環太平洋連携協定)の方ではないので気を付けてください。

 

この『TTP+ベガルタ仙台の企業努力をする』という事で

 

我々サポーターへのサービス向上につながり

 

チームとサポーターがともに良い方向へ走れるのならば

 

僕はこのTTPは大賛成です。

 

では細かな効果の考察へ進みましょう!

ライトサポを集める効果がある

まずはライトサポの集客効果です。

 

まぁ今の僕のようなスタジアムには来ないけれど(来れない)

 

来るきっかけを作りもう一度観戦に来てもらう事で

 

またリピーター化を狙う戦略ですね。

 

年間数試合しか来ないのであれば効果を見込めるでしょう。

 

また以前リピーターだったのでどういう風に盛り上がるのかを知っている為

 

久しぶりに試合を見に来て劇的勝利をしたりすれば

 

その瞬間を味わったことでまたスタジアムに観戦しに来てくれるお客様になるかもしれません。

 

一度も来たことが無い人を誘う口実になる

次はまだ観戦したことが無い人のハードルを下げる効果です。

 

まず観戦に来る以前に興味を持って貰うことがとても重要

 

一般人の感覚だと

 

『ベガルタってよくニュースで見るみたいに全員黄色のユニフォーム着ないといけないんでしょ?』

 

知人を連れった時のイメージがこれでした。

 

いや、別にチームカラーの服を着て応援しよう!

 

とは言ってるけど別に全員がそうじゃないよって認識してもらうまで結構時間が掛かりました。

 

なのでまずはそうじゃないという事を知ってもらい

 

ユニフォームが無料で貰えるから行ってみない?

 

と聞くことでデートにも誘いやすくなりますね!

 

男性諸君は狙い目ですよ~!

 

さらにユニフォームを貰えるという事は手ぶらで来れるのもいいですね!

 

現地でタオマフでもプレゼントすればなおよしです!

スポンサーに配る事で周知してもらえる

最後はスポンサーに配る事でもっとアピールできる点です。

 

例えばやまやの店員さんが限定ユニフォームを着て接客したり

 

セルバの店員が限定ユニフォームを着て接客するだけで

 

この会社スポンサーだったのか!と

 

サポーターへの宣伝にもなります。

 

また今はスポンサーじゃない企業から

 

『スポンサーになるとユニフォーム貰えて宣伝できるのか!』

 

という2重広告にもなるわけです。

 

ところでどんなメリットがあって企業はスポンサーになると思いますか?

 

1番は広告というメリットがあるかクラブへお金を払い宣伝してもらいます。

 

それ以外にも地域への貢献と考える社長や企業も存在します。

 

地域貢献を望んでいる社長ならクラブの営業が

 

『私たちと一緒にユニフォームを着て、この街を盛り上げていきませんか?』

 

みたいな謳い文句で誘う事で反応を見ることが出来ると思います。

 

ただ今回契約を取れなくても、反応がちょっとでもあれば

 

ではユニフォームは粗品としてプレゼントします

 

試合のある日はこのポスターに書いてあるので

 

もしよろしかったら試合当日はコチラを着て業務をしていただけませんか?

 

とお願いすることでその地域がみんなでベガルタ仙台を応援してるように見えてきます。

 

この地域を巻き込むことが重要です。

 

街全体が応援している雰囲気を出して、周りがやっているからうちもやらなきゃいけないと感じ

 

あとは試合で結果を出して順位が上がってくれば

 

向こうの方から勝手に返報性(未契約なのに先にユニフォームだけ貰っていて悪い)を感じて

 

『最近調子いいね~今度はうちも小口からで良ければスポンサー契約してみようと思うのだが・・・』

 

という形で新規スポンサーを取れるかもしれません。

 

まずは小さいYESから言わせることで徐々に大きなYESを引き出す。

 

こういう今迄無かったような戦略だって取れるでしょう。

 

なにより宮城県にはベガルタ仙台もあって地域全体で盛り上がってるんだぞと知ってもらうことも出来ますしね。

あとがき

今回のユニフォーム代ですけど1着500円が原価だとして

 

スポンサーに配る分も含みで20000枚作製したとします。

 

それだけで500円×20000枚=1千万円掛かります。

 

これを支援してくれるスポンサーを見つけたのか

 

それとも自費なのか分かりませんが

 

ベガルタ仙台というクラブがちょっとずつ

 

今迄のお役所仕事から変わり始めてると思うと

 

感慨深く嬉しく思います。

 

だからもっとベガルタ仙台はTTPしてください。

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください