完敗!神戸戦~ネルシーニョ監督の戦略~

どうもズラタンです。

3月11日に合わせてた神戸戦は0-2の完敗でしたね。

開始早々に小川選手の負傷退場でゲームプランが崩れたと思ったのに

そこから立て直して修正する所は監督の経験値の差が出たと思いますね~

ネルシーニョ監督は柏時代から広島と浦和にはミラーゲームを仕掛けて来てましたがまんまと嵌った感じです。

特に後半開始に選手交代で得点し一気に流れを掴み守備を固めて逃げ勝ちました。

神戸のCBは去年までいた渡部と岩波の高くて強いタイプなんで単純なクロスじゃ勝ち目ないですね。

サイドかボランチから中に入れてそれをサイドに出してからのクロスで間を広げるなどしないといけないんですが、そこまでチームとして成熟してませんので仕方ないでしょう。

ここで勝ち点1でも拾いたい所だったんですけどね。

開幕3試合で勝ち点6点でも厳しい!?

残留を視野に入れて計算をすると神戸戦からの相手が厳しい相手の連続です。

3月18日柏レイソル

4月1日 川崎フロンターレ

4月7日 浦和レッズ

4月16日鹿島アントラーズ

4月22日サンフレッチェ広島

きついですね~特に川崎、浦和、鹿島の去年の上位3チーム。

ここでどれだけ勝ち点を逃さないかが重要になるかと思います。

過度な期待をしない?!

自分の応援するチームというのはより期待をして見てしまいがちです。

それがいけないんじゃないんですが予算、選手層を考えると十分頑張ってます。

客観的に見ると12~14位が妥当な感じです。降格しなければよしと最近は思ってます。

それでもこういう風な日常でサッカーを観れるだけマシだと6年経って思いました。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!