【ベガルタ仙台】天皇杯 横浜F・マリノス 戦レビュー 8失点という歴史的大敗のリベンジを成功させたポイントとは?

ズラタン
どうもスカパーオンデマンドで天皇杯が見れない事を当日知って、焦って契約したズラタンです
ズラタン
こういう所で負けてるぞスカパー!さん

 

ズラタン
では天皇杯マリノス戦リベンジレビュー行ってみましょう!

 

応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スターティングメンバー

前回の試合から中三日という事でお互いにターンオーバーをしてきました

 

ベガルタは兎も角マリノスは下手すると降格圏に落ちる可能性があるのでまぁ納得ですね。

 

ベガルタは奥埜・大岩を除く9人を入れ替えてきました。

 

トップにはハーフナーを置いてシャドーに石原・ジャメ。

 

WBにはコバショーと永戸。ボランチに奥埜とリャン

 

3バックは菅井、大岩、常田

 

GKは関という布陣にで挑みます。

 

対するマリノスもGK飯倉・チアゴマルチンス・ドゥシャンの3人以外は入れ替えており

 

ベガルタも移籍先に上がった畠中や出場機会を求めてFC東京から移籍した久保もスタメンとなってます。

 

また両チームスタートの配置は3-4-3でミラーゲームを呈する様相を匂わせていましたが

 

試合が始まってみると全然違う顔を見せました。

マリノスの最終ライン

マリノスの最終ラインですけど3バックでならんでますが攻めるときは全く違います。

 

1つはベガルタもやっている4バック化です。

 

3バックのサイドのCBがSBの位置まで張り出し4バックとなります。

 

もう1つはCBの間にボランチが落ちてきた3バックとCBとGK板倉が並んだ3バックの2パターン

 

ボランチが自分のマーカーを引き連れながらCBまで落ちて来てならぶ

 

これにより中盤のスペースを確保するとともにビルドアップもするもの。

 

もう1つは前プレスを受けた時にGKを使ってビルドアップの出口にすること。

 

飯倉は足元がうまいGKであり、簡単に前に付けたりいなしたりすることで

 

プレスを空振りに終わらせ優位性を保つものであります。

 

基本はこの3つのどれかで攻めて来ていました。

先制点を取るまではベガルタのペース

前半開始から前プレスをするベガルタ

 

3バックに対して3トップで圧力を掛けるがそれを上のパターンで外しにかかる

 

ボランチにはリャン・奥埜のどちらかが付くことで自由にさせなかった。

 

ただしそれはGKを使われてしまい不発する。

 

GKまで下げることでプレスを回避する。またボランチについてきた分だけ後ろは空くので

 

そのスペースに気づいたシャドーやボランチが使いだす結果となる

 

その為ぺースを握ったのはマリノスでした。

先制点は石原の抜け出し!

前からプレスを掛けても上手くハマらず、チームの立ち位置自体が下がりだす場面多くなっていく試合展開でしたが先制点はベガルタでした。

 

前線のビルドアップをやり直し菅井からボールが大岩に戻った時でした。

 

ウーゴヴィエイラがプレスをサボったことで大岩がルックアップしながらボールを縦に蹴りだします。

 

上手くDFの背後から抜け出した石原がGK飯倉の前で足を出し軌道を変えるとボールはそのままゴールへ

 

ベガルタが縦パス1本で上手く先制しました。

 

ハイラインを引いてくると予想されたマリノスの背後を上手く使った瞬間でした。

 

それまではハーフナーを狙って入れていたロングボールを一点石原に替えたことで

 

マリノスCBがハーフナーに寄ってしまい石原の抜け出しに遅れて対応してしまってると思います。

 

チアゴ・マルチンスのスピードは決して遅くなはなくむしろあのサイズなら速い方です

 

それが追い付けていないという事はハーフナーを狙うという予測を元に備えたことで遅れた対応をしてしまったと思えるのです。

 

ま、形はどうであれ試合を動かしたのはベガルタでした。

ボールが収まらない悪循環

1本の縦パスで先制をしたベガルタだったのですが

 

ここからマリノスの猛攻を受ける形になります

 

通常なら互いにボール保持をするチーム同士ですが

 

追いかけられる展開になったことで、この試合はマリノスがボール保持をする試合展開が長く続きます

 

ただベガルタがボールを保持できないのには理由がありました。

 

 

ズラタン
それはハーフナーマイクが収めるられるエリアの狭さです!

 

 

石原の1トップの時は相手に高さの優位性があると左右に動いて足元で受けようとしてくれますが

 

ハーフナーは中央にドカッと構えることが多く、動けるエリアも狭いので前からプレッシャーがかかった状態のロングボールが上手く収まらず

 

前線に起点を作れない状態に陥りました。

 

この為にベガルタは徐々に押し込まれていき結果サンドバッグのような展開が続いたと言えるわけです。

 

悪循環

ハーフナーに収まらない

マリノスボールになる

マリノスの前線がミスをする

仙台がハーフナー目掛けボールを蹴る

一番上に戻る

ちょっと極端だけどこんな感じの図式が成り立ちました。

 

ただ全部が全部収まらない訳では無くて5回に1回くらいハーフナーでボールが収まると

 

そこから左右への展開はスムーズに行われ前線まで運ぶことは出来ます

 

ただこの試合に限るとベガルタがボールを持って効果的にハーフナーを使って攻めれたというより

 

マリノスの前線が最後にミスをしてしまいそこからのトランジッションで勝ってたベガルタが

 

カウンターで、ハーフナーに上手く収まった時のみ前にボールを運ぶことが出来てたのです。

PKを与えた原因

22分イッペイシノヅカを永戸が倒してしまいPKを与えてしまいました。

 

これを蹴るのはウーゴヴィエイラ。

 

関からみて左スミにコントロールされたいいシュートでしたが(なお関は逆を取られてます)

 

ボールはポストに当たってしまい跳ね返りをクリアし失点を防ぎました。

 

このPKには1つポイントがありました。

 

左の畠中から中央を飛ばしてボールはチアゴへ

 

石原のプレスが弱いと見ると前にあるスペースへドリブルを開始

 

それと呼応するようにイッペイシノヅカが下がって来て永戸を引き出します。

 

チアゴはボールをイッペイシノヅカに渡すと永戸を引き出したことで空いたスペースにラン

 

またイッペイシノヅカも簡単に裏へボール送り自身も前線へ

 

そこへ仲川がCBを引き出しながらボールを受けに横にスライド

 

チアゴは仲川にパス

 

仲川はトラップすると走りこんできているイッペイシノヅカへ横パス

 

このパスをもらったイッペイシノヅカはトップスピードでペナルティーエリアへ侵入

 

遅れた永戸が後ろから掴んで倒してしまいPKとなるのでした。

 

マリノスの選手の相手を引き出す動きとスペースを見つける目

 

そしてベガルタのプレスかからないと分かるとドリブルをしてビルドアップ出来るCB

 

これのすべてが上手くハマった瞬間に取れたPKであり再現性のある怖い攻撃

 

これで控え中心なのだから怖いものです

 

ま、PKは決まらなければ意味は無いんですけどね

CKからの失点

PKから難を逃れたのもつかの間暫く押し込まれる時間が続き

 

前半の終了が近づいてきた40分すぎ

 

CKのセカンドボールを仲川が絶妙なトラップ

 

このトラップでベガルタDFには2つの選択肢が出来ました。

 

1つはこのままシュート、もう1つは横パス

 

これにより瞬間的にプレスが遅れてしまい、仲川はキッカーの久保へ横パス

 

遅れた永戸が久保のマークへ引き出された瞬間

 

ゾーンの欠点が出てしまいます

 

スライド自分のゾーンで待ち構えてしまうことで

 

ニアの畠中がフリーになってました。

 

またジャメにはチアゴが付いていてブロックされており

 

そこを見逃さなかった久保がふわりと浮かしたパス

 

これを上手く合わせた畠中のシュートは関の横をすり抜け同点ゴールとなりました。

 

一瞬のミスを見逃さない久保にアシストをされてしまい夕方のTVのネタを作ってしまったベガルタでした。

前半終了間際の勝ち越し

ドローのまま前半を終えるかと思っていたのですが

 

前半終了間際に上手く前線でボールが収まり

 

CKを獲得します。

 

そしてCKが連続して続いた3本目

 

ボールはゴール前をゾーンで守るマリノスDFの間へ

 

反応したジャメがヘディングに行くとそこへ飯倉がパンチング

 

もう早すぎてどっちかわかりませんが

 

触って入ったのか、跳ね返って入ったのかわかりませんが

 

ジャメの得点でベガルタが前半終了間際に勝ち越しに成功します

 

飯倉は飛び出すならせめて前に弾きたかった所でしょう。

後半開始直後の失点

試合をリードして後半に入ったベガルタですが

 

後半に入ってサクッと追い付かれます。

 

48分左サイドの裏を畠中に取られて入れられたグラウンダーのクロスが

 

ウーゴヴィエイラに入ります。

 

ここはCBとボランチが挟んでクリアに行きますが

 

クリアが小さく喜田の前に転がってしまったのです

 

この時ベガルタのボランチはどちらも最終ライン付近まで下がっていて

 

喜田はプレッシャーを受けずにシュート

 

これもポストに当たればよかったのに

 

コントロールしてアウトに掛けたいいゴールが決まり同点になります。

 

ラインが低く、ボランチがDFに吸収されてたらそりゃうたれますよという

 

お手本のようなシュートでした。

コバショーのクロスはやはり石原と合う!

このまま試合はどうなるのかと思ってたら

 

6分後に勝ち越しました。←

 

パスミスからショートカウンターで

 

石原→ジャメ→古林→ジャメ→古林クロス

 

石原がフライングダッチマンばりの

 

シュートをたたき込みベガルタが勝ち越します

 

このクロスの前にジャメが内側でボールを受けることで

 

ジャメがドゥシャンを釣りだすことに成功

 

また畠中は最終ラインまで戻れず

 

中央はチアゴとイッペイシノヅカのみ

 

石原は後方のスペースから一気にチアゴの前に入る事で

 

マークを上手く振り切ってました

 

また飯倉も一瞬前に出ていく動きをしたことで反応が遅れたのも

 

ボールに触れなかった原因でしょう。

 

CBを釣りだすこと。

 

DFの背後を取る事

 

お手本のような動き出しとランが生んだナイスゴールです。

押し込まれる時間帯がつづく

54分に勝ち越しに成功したベガルタでしたが

 

ここから長い間サンドバッグが続きます。

 

この間、体を投げだして守り続けなんとかゴールは防いでました。

 

それともう1つこのゲーム最大のポイントになったもの。

 

マリノスサイドのミスが多いことでした

 

1つはパスミス

 

試合勘もあるので仕方ないですが

 

最後の精度や、本来なら足元へのパスがちょっと横にずれたりなど

 

細かなミスでベガルタを助けてました。

 

もう1つはGK飯倉のミス

 

1失点目の時のポジショニングや

 

2点目の飛び出し

 

3点目のクロスを処理しようと2、3歩前に出てからの下がる動き

 

これらがすべて失点に絡んでます。

 

GKのミスは性質上どうしても、即失点に繋がるのはやむを得ないですが

 

これがどれか一つでもミスしてなければ

 

試合は負けてたと思います。

 

こういう所で勝ち切れたのもチーム状態が上向いている証で

 

マリノスが降格圏の1歩手前なのもうなずけてしまう内容でした

リベンジ達成3-2で勝利!

試合はなんとか・・・なんとか耐え抜いて勝利!

 

これでベガルタは3年振りのベスト8

 

8-2というクラブ史上ワーストという試合の借りを1つ返せました。

 

リベンジを1つ達成です!

 

えっ?試合の内容?

 

そんなん勝てばなんでもええんやで!

 

勝った方が強いんや!ドヤッ←なお全身ボロッボロの様子

あとがき

という訳でボクシングで言うとひたすらガードや足を使い

 

タイトルをもぎ取ったエンダムのような試合でした。

 

まぁトーナメントなんで内容より結果がより優先になります

 

勝てば官軍ですね。

 

なお試合には出てませんが関口は個人的に連覇を狙ってるそうです

ぜひ達成してベガルタに初タイトルを持ってきてもらいましょう!

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください