【ベガルタ仙台】ジュビロ磐田戦 名波監督が取った戦術と敗因となったポイントは?

スポンサードリンク

ズラタン
どうも連敗でとっても悔しいズラタンです!

 

ズラタン

どうして負けたのか悔しかったので試合後からそのまま分析しきりました!

ですからめっちゃ眠いです。

 

ズラタン

もしここが違うかなるほどっ!と思ったり感じたらコメントやツイッターでいいねやリツイートしてくれると嬉しいです!


スポンサードリンク

スタメンは予想外の1トップ

まずはスタメンから見てみましょう。

ベガルタはGKが関からシュミットに変更。また1トップにハーフナーマイクが初先発

 

その他はグランパス戦と同じスタメンとなりました。

 

対するジュビロ磐田も怪我人続出中で新里に代わり櫻内がCBで先発

 

その他も松本、上原、小川、松浦とターンオーバーをしてきました。

 

この辺りがどう試合を左右するのか見物です。

ジュビロのハメ方は5-3-2の中盤ミスマッチ

試合開始してまず気になったのはジュビロ磐田の守備です。

 

スタート時のフォーメーションが3-5-2でした。

 

ボールを持っていない時はWBが下がり5-3-2へと変化します

 

ここで狙うのはベガルタのダブルボランチの奥埜と富田でした

5バックでベガルタの前線5枚をマンツーマンで対応する。

 

続いて中盤ですがトップ下の松浦が降りて来て3枚になりジュビロが数的優位

 

2トップの役割はDFのビルドアップのコースを限定する事とベガルタのボランチが

 

油断した時にプレスバックでボールを奪う事。

 

これによりベガルタもビルドアップを潰してパスミスを誘いショートカウンターを狙ってました

 

また最終ラインでボールを取ると基本的には前線2トップへのロングボール

 

特に左の板倉がビルドアップで上がっていた時は裏を躊躇なく狙ってました。

 

名波監督らしいやらしい作戦ですね。

 

これによりベガルタのボールを保持する時間が少なくなり磐田がせめてベガルタが守る序盤となりました

中盤飛び越えベガルタの中野が先制ゴール

上記のように攻撃を封じられたベガルタはカウンターで攻めます

 

リスタートや相手のパスミスを奪うとサイドへ展開し陣形が整う前に崩しに掛かりました

 

19分左サイドで西村が相手が空けたスペースを見つけるとフリーランでボールを引き出し

 

ペナルティーエリア手前でフェイントからクロス、これをハーフナーマイクがフリーでヘッドも

 

GKカミンスキーの正面でした。←ここから続くこの試合の受難の始まり

 

その数分後の23分。GKシュミットのゴールキックをハーフナーが下がりながら田口と競り合い体格を活かして胸トラップから足元でキープ

 

右サイドを上がって来た蜂須賀へ出すと右足から左足に持ち換えてクロスをいれます

 

松本が一瞬遅れて対応に行きますが蜂須賀が入れたクロスはハーフナー、西村を通り過ぎファーサイドの中野へ

 

これを中野がダイレクトで合わせてベガルタが先制しました。

 

名波監督の考えたビルドアップ対策も中盤をすっ飛ばしてしまえば意味はないですね。

 

ちなみにジュビロサポがブーイングをしてましたがあれはオンサイド

 

おそらく副審がまたフラッグを上げたと思われます。

ですが名波監督は修正をこの失点後に入れます

左右のWBを入れ替えるジュビロ

30分過ぎからジュビロは左右のWBがポジションチェンジをしてました。

 

これには2つの狙いがあります。

 

1つは蜂須賀対策で1失点目は蜂須賀への松本の対応が遅れてクロスを上げられてしまい

 

失点したので本職SBで守備力のある小川を左にして蜂須賀を止めること

 

これによってベガルタは時間の経過とともに連戦の疲労も相まって蜂須賀からの展開が減り名波監督の策が当たります

 

もう1つは左サイドの中野は守備が軽い事と、板倉が頻繁に持ち上がるので左サイドの方が裏を狙いやすい事の2つです。

 

これでベガルタの攻撃を封じ自分たちのポゼッションを高めることに成功します。

 

30分過ぎからのベガルタのダメだったところはハーフナーが前線に居ることで安易にロングボールを入れてしまい

 

自分の休む時間を減らしてしまった事。リードしてるんだからもう少し時間を掛けて休めばいいのに簡単に縦ポンを選択し

 

相手にボールを渡していました。この辺り落ち着いて判断をする選手が居なかったことが悔やまれます。

ジュビロの4バックへ変化。そして失点

5-4-1の頂点であるハーフナー。1トップのハーフナーはフォアチェックが遅くなりがちでした。

 

その為ビルドアップの余裕を与えることになります。ベガルタのDFラインは前線からのロングボールを恐れてしまいラインが下がり気味

 

この為中盤との間が感覚で言うとたぶん1、2メートル位広がってしまいます。

ズラタン
もうガバガバですね。

 

そこを使われてしまい徐々に後手を踏み出します。

 

そしてみなさんは気づきましたか?30分過ぎから4バックになっていたことを。

右WBの松本がSHに上り後ろはそのままスライドして4バックに前線は松浦がトップ下から

 

左サイドにスライドして4-4-2に変更してました。

 

たいしてベガルタはリトリートしてスペースを埋めることを前提に守備をします。

 

これに対しジュビロは両サイドハーフとボランチの片方が前線に貼りつき5トップになります。

で両サイドバックが高い位置取りをしてきます。

 

こうなると5-4のラインをコンパクトに形成しないと中を崩されて決定機を作られてしまいます

 

ですがそうすると外ががら空きになり深い位置までサイドを侵入され今度はこちらでも決定機を作られます。

 

それじゃと田口にプレスを掛けに行くと真ん中にパスコースが出来てしまい動かなければ左右に振られてスタミナを削られる。

 

ズラタン
さてもうお気づきですね?これはミシャ式のビルドアップ方法です。

 

本来は3-4-2-1のボランチが1枚降りて来て4-1-5を形成するのをそのまま4バックでやった形ですね。

 

前線のフォアチェックが弱いのを付けこまれてしまい前半30分からの15分はひたすら攻め込まれ

 

ついに45分右サイドからのクロスを川又に合わされて同点となりました。

 

前半は1-1で終了しハーフタイムへと入ります。

渡邉監督の采配が当たりベガルタが勝ち越し

後半は両チーム選手交代がなくスタートします。

 

さすがにハーフタイムを挟みベガルタも修正を加えたのと

 

ビルドアップ時に落ち着いてボールを持てば4-4-2は3-4-2-1のレーン戦術の格好の餌食です。

 

相手のスペースを使い自由に攻撃を始めます

 

57分先にカードを切ったのはベガルタでした。

 

運動量の落ちたハーフナーを諦めてアベンゼマこと阿部拓馬が入り石原が1トップに、そしてこの交代が当たりました。

 

阿部がプレスを掛けてボールを奪いシュートを打つもカミンスキーがファインセーブ←ホント何度目?

 

そしてそこから貰ったCKでした。平岡がすごい態勢でボールを逸らすとボールは少し下がった位置にフリーの阿部の前に

 

そのボールをダイレクトかつ丁寧に合わせたシュートがゴール右隅に刺さり勝ち越しに成功します!

 

阿部投入から相手のプレスをいなして攻撃の形を作れていたので流れとしては最高の得点

 

そして渡邉監督の采配が的中した瞬間でもありました

左サイドを崩されて追い付かれる

勝ち越し後もベガルタはプレスを上手く交わして攻め続けますが決めるときに決めないといけないんですよね。

 

西村が豪快に吹かしたシュートの後、DAZNではリプレイで見えませんでしたがカミンスキーはすぐにリスタートを選択

 

左サイドのスペースをドリブルで持ち上がられたときにベガルタはズルズルと下がって対応してしまいました

 

右サイド(ベガルタから見て中野)の裏を川又に取られてしまい大岩がカバーに入るもマイナス気味に入れられるクロス

 

その先にはドフリーでまっているジュビロの中野(筑波大卒)が・・・

 

平岡の懸命のスライディングも虚しく、放たれたシュートは77分に同点ゴールと記録されました。

 

なんでもリーグ戦初ゴールだとか、松浦に続くベガルタキラー2世の誕生の瞬間に立ち会ってしまいます。

 

70分位からガス欠となり全体的に運動量が落ちてしまっていました。

 

これは連戦の影響と前半と同点直前からサイドチェンジでスライドさせられていたことが影響してると僕は思います。

 

特にバックラインの大岩・平岡は2試合(180分)出場してましたので致し方ないでしょう。

 

ここから残り時間はなんとかクリアする展開が続き前進する回数が無くなります

 

このまま守り切れるのか?それとも勝ち越すのか?

 

渡邉監督の判断は81分にリャンを入れるという答えでした。

 

これはリャンを入れることで落ち着いてプレーをさせること

 

そしてオープンスペースにパスを送るという意図があったと思います

 

そしてまだまだ逆転可能ということですね!

 

事実この時間帯は攻め込まれていて冷静な判断を出来てる選手はほとんどいなかったですからね

終盤リャンのファールからの失点

試合も終盤に入り同点に追いついたジュビロが攻勢を強めます

 

なんとかクリアし続けていましたがクロスのセカンドボールをリャンが競りに行ったときに

 

足裏を見せたということでファールを取られてセットプレーを取られます

 

そのクロスはDFがクリアしたもののクリア自体が相手の目の前に落としてしまい

 

グラウンダーでクロスを入れられるとファーサイドにいた大井に蹴りこまれて勝ち越しを許してしまいました。

 

またしてもアディショナルタイムでの失点です。

 

実際にリャンのプレーがファウルなのかはさておきあそこで行かないとゴールに直結するチャンスを与えてしまうので

 

選手を攻めることは出来ないですね。

 

アディショナルタイムでの失点でこころが折れたベガルタは反撃も空振りに終わり2-3の逆転負けで2連敗となりました。

 

決めるときに決めていればね・・・。

あとがき

結果論で言うと西村、石原が決定機を4本位外していたので

 

どれかが決まっていれば引き分けられたゲームでした。

 

言い換えれば内容的には問題なく結果が追いついてないだけなんですよね。

 

ちなみに板倉がここから1ヶ月代表にも召集されるので不在。

 

厳しい状況が続きますがひとまずは休んでサポも切り替えて行くしかないでしょう。

 

無失点で負けてるわけではないので、どうして失点したのか理由を追求すれば

 

結果も必ずついてくると信じています!

 

なるほどっ!と思ったりここは違うよっ!

って思ったらコメント、ツイッターではいいねやリツイートでご指摘ください!

画像引用DAZN様

 

いつもありがとうございます。

ポチッって貰えると嬉しいです!

現在1位爆走中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください