クリスラン開幕絶望的 肉離れ全治4週間

仙台助っ人クリスラン開幕絶望的 肉離れ全治4週間

J1仙台は5日、新加入FWクリスラン(24=ブラジル)が右ふともも前の肉離れで全治約4週間の見込みと診断されたと発表した。

 クリスランは、1月24日にポルトガルリーグ1部ブラガから期限付き移籍で仙台に加入した身長187センチの長身FW。同じく新加入のFW平山相太(31)とともに、新布陣「3-4-3」の1トップ候補として期待されていた。同月30日に、同月中旬のポルトガルリーグ1部の試合中に負傷した右太ももを病院で検査するため練習参加を見送った以降、全体練習に参加していなかった。

いや~残念ですね、開幕戦楽しみだったのだけど先のことを考えれば仕方ないですね。その分石原、西村に期待です!

けれども他チームの怪我人からすると今年はまだいい方ですね。

去年の野戦病院ときたら・・・。

まずは今出れる選手で連携を深めて3-4-3の完成度を深めて開幕戦を迎えてくれることを願います!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!