【ベガルタ仙台】横浜Fマリノス戦 大敗の原因とは?

ズラタン
どうもズラタンです。
ズラタン
さて今回はマリノス戦のレビューになります
ズラタン
結果はお察し頂くとして一先ずどうぞっ

 

いつもありがとうございます。

ポチッって貰えると嬉しいです!

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スターティングメンバー

ベガルタは関口・野津田が欠場となり永戸・奥埜がスタートからの出場

 

配置も3-5-2ではなく3-4-3でした

 

対する横浜Fマリノスは報道通りでしたね

開始早々の失点

開始1分相手陣内でパスミスをしたところを

 

上手く繋がれて左サイドの遠藤に展開

 

そこからクロスをマイナス気味に入れた時に

 

仲川がDFを2人引きつれてボールは大外ドフリーの伊藤へ

 

シュートは関が体で止めるたものの

 

リフレクションを押し込まれて先制されました

 

ここからベガルタの守備の仕方に問題がでてしまいました

リトリート(自陣に撤退)で対応したことが裏目に

ベガルタのこの試合基本守備体型は5-4-1になります

 

これで引いて守れば裏のスペースは消せるので

 

割と安定して守れるんですが

 

今回はマリノスの戦術にこれが逆にハマります

 

マリノスのハイラインハイプレスの戦術に対して

 

後ろからベガルタがゆっくりポゼッションした時には

 

既にプレスの配置が完了していて

 

ベガルタがゆっくりレーンを使って前進する時間はありません

 

つまりベガルタゴール前でハーフコートサッカーの状況をやられる訳です

 

これが思いっきりハマってベガルタが苦しくなり

 

12分に失点、31分に失点、34分に失点

 

しかもきっちりと崩されての失点です

 

前半に4失点とほぼゲームを決められてしまいました。

30分過ぎにようやく前プレスを掛けるが・・・

ベガルタも3失点をした30分過ぎからようやく前プレスを掛け始めました

 

がハマらない・・・プレスがハマらない。

 

前から行けども交わされてプレッシャーが掛からない

 

それもそのはずプレスを回避するために山中が中央にスライドしているので

 

上手くプレスを剥がされてしまう訳ですね

 

(例)GKがビルドアップに加わりプレス回避を助ける

前プレスを掛けに行ったときに自分の立ち位置を放棄して

 

前進してるので伊藤翔や山中がフリーになってしまうことが

 

前半何度もありました。

4点ビハインドで迎えた後半

それはそれは横浜Fマリノスのシュート練習でした

 

ひたすらボコられて失点を繰り返すのみ

 

完全に戦術の相性がハマった後半もやられ続けます

 

点を取るために前半の内に椎橋を西村に替えて永戸を左CBにチェンジ

 

これが守備力低下に拍車を掛けていて

 

徹底的に左サイドを崩られます

結果的にワースト記録更新の8失点

サイドから崩されセットプレーからも決められ

 

徹底的にやられましたね。

 

前半3失点して選手の集中は切れてしまった感はあります

 

ハーフタイムでも監督は効果的な修正が出来ず

 

結果2-8での記録的敗戦となりました

横浜Fマリノスの強みとは?

昨年浦和レッズに負けた時はチームが成熟してなくて

 

完成度の差で負けたわけだから仕方ないと

 

考えられた訳なんですが

 

正直マリノスの前半戦の順位や結果なんかを考えると

 

このスコアで一方的にやられ続けることは無いと思うんです

 

てなわけで1点目検証

扇原がボールをトップの伊藤翔に出した瞬間

 

これは確か阿部のパスミスが起点になってたんだけど

 

ここから遠藤までのパス3本が全部ダイレクトでつながる

伊藤翔がクサビの為に降りてきた場面

 

フリーの喜田へダイレクトで戻す

これまたダイレクトで左サイドをスプリントする遠藤へ

 

ロングスルーパスこの時後ろは椎橋のみ(しかも距離遠い)

ここでようやく平岡が戻るが

 

遠藤には考える時間が沢山ある

クロスを打つ前で仲川がニアに走ることで

 

椎橋・永戸がニアに釣りだされる

大外の伊藤翔はフリーでシュートを打てる状態に

 

これを関が体で止めるも

 

詰めてた天野に押し込まれて先制点を許したわけですね

 

遠藤までの崩しをダイレクトで3本も繋がれたら

 

まぁ後手になるのは当たり前です

 

つまりは意図的にあの前のスペースを使われて

 

左サイドの裏を狙ってきたと考えられる

 

2失点目も左サイドの裏

 

この辺りでベガルタの選手は『どうしてやられてるのか

 

理解出来ずに困惑気味に

 

逆にマリノスの選手は『上手くハメれてる』から

 

出足がどんどん良くなって

 

ベガルタの選手の動きが重く見えたのではないかと思いました

まだやり替えすチャンスはあるっ!

今季ルヴァン杯で2試合リーグ戦で2試合天皇杯で1試合

 

横浜Fマリノスと公式戦があり

 

あとリーグ戦でアウェイゲームと天皇杯が残ってます

 

みなさん分かってますね?

 

ズラタン
まだワンチャンどころかツーチャンありますよ!

 

気持ちの整理を付けてもう3日後に来る鳥栖戦を考えましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください