【生観戦 天皇杯2回戦 ベガルタ仙台】 ザスパクサツ群馬戦

 

ズラタン
どうも寝不足のズラタンです

さて今回は天皇杯ザスパクサツ群馬戦のレビューです。

ぶっちゃけ映像が無くてすごく苦労しました。記憶違いもあるのでご勘弁を・・・

ではいってみましょう!

両チームのスタメン

土曜日にルヴァン杯がある為ターンオーバーでメンバーを入れ替えていつもの3-5-2で迎え撃つベガルタ

対するザスパのリーグ戦からメンバーを変更し試合に絡んでいない選手中心の模様。

話をしてたら出てきた一柳とジャンボと松下・・。

地味に古林は古巣対戦です。

ボールを持つベガルタとカウンターのザスパの序盤

大方の予想通り序盤からボール保持はベガルタになりました。

ザスパの守備体型は5-4-1でセットしてハーフラインを越えたらプレスに来る形

自陣では割と簡単に持たせてくれています。

ただこの5-4の2ラインがコンパクトで若干ラインが高めになっている為

裏を狙いたい衝動に駆られるのは言うまでもありません

実際に裏を狙い縦に蹴ったりワンツーで狙ったりしてました。

ただ成功しませんでしたけどね。

ベガルタの攻撃~CBの攻撃参加~

この試合頻繁に見られたのはCBの攻撃参加で特に右CBの菅井は頻繁に前線に顔を出してました

攻撃参加をしたとき菅井は本職のSBのようなポジションを取り古林を追い越してクロスを入れるなど

このやり方にはとても合っています。

CBが攻撃参加をする時には再襲来が若干変化をしていてボランチが下がってくる場合と

5バックがスライドする場合の2パターンがあった。

その1

ミシャ式でも頻繁にあるようにボランチが最終ラインに入り4バックになるこのパターン

富田が最終ラインに入る事で菅井がSBの位置まで押し出され

あとは4バックの時のようにしれっと攻撃参加をしてくる。

その2

こちらは最終ラインが右サイドにスライドして右CBをサイドバックの位置に置き

攻撃参加をするパターン。

ではなぜ攻めるのかと言うと攻撃参加をする事で数的優位から相手を崩す為と考えられる

下の図は戦術ブログによくある無理やり当てはめた図

ズラタン
この試合のポイント!

こういう風にかみ合うとマークする相手が明確で試合が膠着状態になるのだが

そうならないようにマークを”ズラす”必要がある

そこで4バックにすることでサイドに数的優位を作りだそうというのがベガルタの狙いだと思う

これがその大まかな説明の図

上の図で更に一柳が絞るとリャンが中村が絞ると永戸が空くようになりフリーな選手が出てくる。

松下と吉田は自分のスペースを空けないようにするため動けない+最終ラインの選手を見る必要がある

 

前半2分過ぎの攻撃での崩しなのだがこの場面では野津田→古林と繋いだ所に菅井が攻撃参加をしていた。

この場面ではクロスを上げたが中で合わずラインを割ったけど菅井のいぶし銀を発揮するプレー!

ザスパ戦では右サイドを駆け上がる菅井が頻繁に見られたのも面白かった。

 

逆に左CB金は余り上がらず見ていることが多かったです。

この辺が板倉が居ないときの課題になっているベガルタ

こういう理由からこの試合は右サイドを中心に攻めていました。

 

ザスパの攻撃

一方ザスパの攻撃はと言うとメンバーを見て大方予想は付いたけど大久保目掛けてのロングボールでした

ボール試合率は圧倒的にベガルタが上回っており組み立てのクオリティではどうしても差が出てしまう。

そうなると活路を見出すのは攻めさせておいてのカウンターが有効になる

狙うのはベガルタのWB後方のスペース

この狙いは4分過ぎに成功しており大久保の逸らしに高橋が走りこみシュートまで持ち込んでいる

ここで”決まっていれば”また違った展開”もあったのだろうけど残念ながら決まらなかった。

このプレーのあとは金や大岩のマークがきつくなりキープ自体が難しくなっていた。

その為シュートまで持ち込めなくザスパは前半シュート2本に終わっている。

野津田のミドルで先制

前半の34分に野津田の凄いミドルシュートで先制をするベガルタ

ベガルタの攻撃からカウンターを受けたがキープしようとする大久保から奪うと古林→野津田とボールを繋いでのミドルでした。

カウンターでラインを上げようとした時に取られてしまい戻りながらの守備で対応が遅れたことと

右サイドのハーフレーンで上手く引き付けたことで余裕をもってミドルを打つ時間がありました。

 

この野津田のミドルシュートが決まる直前からベガルタは上手くザスパをいなしてポゼッションし始めてました

これに関しては前線の運動量が落ちてプレスが遅れてきたのが理由だと思いますね

45分通してフルでプレスを掛け続けるのは無理です。しかも中3日での試合

なので30分過ぎから運動量が落ちてきてポゼッションが出来たと思います

前半は1-0でベガルタリードで折り返します。

 

ちなみに前半セットプレーのカウンターから永戸と古林の位置が逆になり2分位そのままでプレーをしていました

それでもレーンを使う事に変わりないので永戸は右足でクロスまでやり切りっており

効き足の違いはあれどある程度は行けるんだなと再確認したズラタンです。

得点を取らないといけないザスパ

HTに選手交代でボランチを吉田から藤原に変更。

自分たちでボールを持った時に攻撃をする為と思われる選手交代だが

流れは変わらずベガルタに握られる。

理由はシンプルで攻撃に出ると後ろにスペースが生まれカウンターの時にそこを使われてしまうから

しかも本来はカウンターの時に力を発揮する選手が多くてビルドアップに遅れが生じていた。

ザスパのプレスをいなすベガルタ

後半も前半終盤と同じようにいなして攻撃をしていくベガルタ

3バックを採用しているチームの攻撃が上手く行っているかどうかは3バックの攻撃参加が指標になることが多い。

この試合ベガルタは上手く機能していたと僕は見えた。

特にボールを持って攻め上がった時に相手の運動量が落ちて来ていて

プレスをいなして攻めていられた訳である

湘南と同じようにハメに来ていたわけだが上手く行かなかったこれは監督コメントでも言及があった。

群馬さんの狙いがこの間の平塚での湘南さんとのゲームと似ているようなところも見受けられたので、ではそれに対してどうしよう、というのは、おっしゃったようにこの短い時間の中で、いろいろとトレーニングの中でもチャレンジしていた部分だったので、そういうものを踏まえると、もう少しやはりスムーズに、あるいはスピーディーにボールを運びたかったですし、相手の背後を突きたかったなというのが正直な感想です。

これを読んでから思い返すとDFラインから縦に走らせたりワンツーで裏を狙う場面が前半特に多かったのも”背後”を意識した為だと思う。

そして西村の2点目で心が折れたザスパ

その後交代出場した小牟田にシュートまで持ち込まれクロスバー直撃もあったが単発の攻撃のみで終わる。

ただ攻めに出ることでスペースが生まれ途中交代で入っていた中野のドリブルが生きるカウンターの展開が多くなる

77分と82分に西村の2点、3点目が決まりハットトリック達成

2点目で半分、3点目で相手は完全に心は折れてました。

スコアは4-0で終了

これでベガルタは3年振りの初戦突破です。

J3相手とはいえこの結果は土曜日に期待できる内容でした。

ズラタン
最後まで諦めずに可能性のある限り頑張りましょう!

 

いつもありがとうございます。

押して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください