【ベガルタ仙台】天皇杯 ザスパクサツ群馬 注意すべき選手はこいつだッ!

 

ズラタン

どうもズラタンです。

6月6日は天皇杯ザスパ草津群馬との2009年以来の対戦!

 

ザスパの公式HPを見ていたらシュナイダー潤之介がGKコーチをしていて

 

 

 

 

 

DFには一柳夢吾と在籍選手がちらほら・・・

 

 

 

 

 

 

 

MFの一番最後には・・

 

 

 

 

 

 

 

松下まだ現役だったんか!2012年松下が加入って言われた時こっちの松下だと思ったズラタン

ライバルも熊林に島田と懐かしい名前が・・

 

それでも試合では足を攫われないようにしてほしいんだ・・・

 

ここ数年やられてるからネッ!強がり

データ面からザスパクサツ群馬を見てみよう!

昨年J3へと降格してしまい今季からJ3で戦っているザスパクサツ群馬←いいづらい

ちなみにデータはこちらのサイトを参考に見ています

Football LAB(フットボールラボ)

リーグ戦の成績ですが試合数16試合を消化して4勝4分3敗の9位と昇格圏内には

少し遠くなっている状態ですね

 

チームの総得点は13点、失点は12点と得失点差は₊1

もう少し得点力が欲しい所でしょう。

 

続いてザスパの基本システムです。

ザスパは今季システムを4-4-2でスタートしたが途中で3-4-2-1へ変更している模様。 

 

システム変更後は確実に勝ち点を拾いながら1年でのJ2復帰を狙って軌道修正を計っています

 

11試合中ホーム勝率が50%に対してアウェイ勝率が20%とアウェイで勝ちきれない状態

 

 

チームのトップスコアラーは大島康樹の4得点(内FC東京U-23で3得点)

 

アシストを決めてるのは星原健太の3アシストその次が風間宏希の2アシスト

基本サイドを起点にしてゲームを作りサイドからのクロスが多いようです。

 

直近の成績は?

直近5試合の成績は2勝3分と負けてこそいないが勝ち切れていないようで

どのチームにもある得点力不足が課題となっているみたいですね。

 

問題は3バックに変更してから成績は安定し始めたがボール支配率が落ちてる所

どちらかと言うと5バックからのカウンターをメインしたシステムなのかな?

ベガルタとしては前から来られても引かれても戦えるように準備は当然してるハズ・・・。

 

得点パターンと失点パターンは?

得点パターンはサイドからのクロスを中で合わせるのが主な得点パターンのようですね←どっかで見たことある

ただ基本的にはボールを支配するよりカウンターがメインで相手の裏を取ってサイドからクロスを入れるのがパターンみたい

カウンター狙いだとある程度ボールは持たせてくるので不用意な横パスに注意ですね

失点パターンで気になったのは2列目の飛び出しに弱い事

サイドからマイナス気味のクロスに走りこんだ選手に対して誰も付いていない状態

抉ってからのクロスに野津田、奥埜が飛び込むと高確率で先に触れるだろう

ただ普通の状態でクロスを打ってもあまり効果はないので

そのクロスを上げるまでに相手を1人剥がしてとか必要だと思いますね

ベガルタが注意するべき選手とは?

パス交換の多さでも抜け出ている風間宏希が注意すべき選手で

この選手が中心となってボールを各選手に配球しているようです

ちなみに今季リーグ戦全試合スタメン出場!

ただザスパも日曜日にJ3のリーグ戦があるのでターンオーバーで

控え組中心になるかもしれない

そうなるとスタメン予想もへったくれもないわけで・・・

ただ個人的にはジャンボ大久保に放り込まれる展開の方が嫌なんで

余りスタメン変えないで欲しい所(;^ω^)

今日は中継が無いみたいなんで仕事終わりに行ってみようと思います

では試合後にっ!

 

いつもありがとうございます。

押して貰えると嬉しいです!

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください