【ベガルタ仙台】ルヴァン杯プレーオフ第1戦 湘南ベルマーレ戦 あわてるな!それは曺監督の罠だッ!!

ズラタン
みなさんこんばんはズラタンです。

今回は書くのがとても重かったプレーオフ第1戦のレビューになります。

まずはスタメンから見てみましょう!

 

両チームのスタメン

仙台は報道通りの3-5-2で常田が左CBでのスタートで

湘南は前線に故障者が出ていて苦しい台所事情の感じがするスタメンです。

立ち上がりはベガルタの時間

この試合立ち上がり良かったのはベガルタで10分過ぎまでは両WBが高い位置を取れていて

後ろからのビルドアップが上手く行ってたのですが

理由はこの試合のポイントの1つとなる『湘南のプレスの掛け方』です。

序盤はどちらかと言うと裏のスペースを消す方を優先した守備をしていたため

試合開始10分位までは後ろからビルドアップがスムーズに出来たのですが

失点後はそれが難しくなりました。

CKからの失点

スカパーでの解説をしていた岩本さんがチョウキジェ監督が選手に指示を出していると

言ってから数分での失点でした。

この時間帯から『WBが前に出れなくなる

もしくは前に張っても『その前のパスが相手に引っかかる』ことが起きだします。

ズラタン
このままではまずいなと

思った矢先、中途半端にボールを取られてカウンターを浴びてしまいなんとかCKに逃げたものの

ゾーンの弱点を的確に付いた精度の高いボールを入れられ

相手が折り返した所を梅崎が詰めて失点です。

ボールに飛び込んだ瞬間ですが大外から狙ったように入られてますねぇ

これだと相手は助走した分高く飛んでいます

明らかに対策されたものでしょう

 

失点してから湘南の時間に

失点してから完全に湘南の時間になっていました。

本来なら相手が引くのである程度ボールを保持して進めるはずなのですが

カウンターには苦しみクリアした後のセカンドボールは取られる展開が長かった・・・。

原因は以下の様な事が考えられました。

理由は湘南の前プレスの掛け方

湘南はベガルタの前へのパスコースを切るような待ち方をしていました

上のようにパスコースを限定するのは良くあるのですが

この日は常田が先発でした

板倉なら(特徴が違うから比べるのもあれだけど)ドライブしていくのだろうが

常田は前線やWBに30メートル前後の長いパスを出す選択が多かった為

パスミスからカウンターを受けてしまい少しナーバスになったのか

常田の判断が鈍ると一気に距離を詰めてきてプレッシャーを掛ける

すると常田はGK関へバックパス。

そうすると前線の3枚が詰めて来て関のパスコースを限定する

上の図だと野田が詰めていき関はこのプレスを交わすために

FWやIH目掛けて蹴ることになる。

そこで収められればベガルタのチャンスになるのだけど

複数人で潰されてしまいカウンターを浴びる場面が多かった

これが前半ひたすら湘南に攻められた原因だと思う

後半になると湘南のプレスを外せるようになる仙台

後半に入り流石に修正を掛けてきた仙台。

先ほどのようにパスコースを限定しプレスからのロングボールでは分が悪いので

CBとGKで繋いで前進していくようにサポートの位置を変えてきた

上の図のように大岩と並んで引き付ける

野田が関に詰めると大岩にボールを渡す

大岩に梅崎が詰めるとサイドに開いた平岡に渡す

こうしてプレスを交わし前進する事で押し込むことに成功し始めた

加えて61分運動量の落ちた関口から永戸

66分には阿部から西村と続けざまに選手を交代して

選手に点を取れとメッセージを伝える渡邉監督だが・・・

ようやく活路を見出し始めた所でカウンターからの失点

徐々にプラン通りになってきたところでカウンターからの失点である。

残り時間が20分を切った時の失点でピッチ内の選手には精神的なダメージを受けただろう

おそらく心が折れた選手もいたのではないかと思う

Twitterでこのゴールの解説をしている方が居たのでそちらを参照。

日々のトレーニングで積み重ねて来たか分かるゴールですね

とどめのATの失点

2失点後73分に最後のカードで富田からジャメに交代

これはアウェイゴールを意識した采配だと思うんですが

一番相手が嫌がるジャメが裏に走る展開に持ち込めませんでした

何度も出来れば変わった展開になると思うのですが

湿度からくる疲労で両チーム動きが鈍くなってきています

失点<アウェイゴール

この決断は間違ってはいませんがアディショナルタイムにとどめをもらいます

サムネのチョウキジェ監督のしてやったり顔が憎たらしい・・・

試合はこのまま終了でした。

現地に行かれたみなさんお疲れ様です。

3-0での敗退から意味することは?

完全に対策を打たれてしまった今回の試合

前回リーグ戦で戦った時の湘南とは違うチームになってました

完全にやり返されましたね

チョウ監督のコメントにもありました

仙台さんと戦ったリーグ戦は本当にひどい試合で、そこから自分たちの方に矢印を向けて練習を積み重ねてきました。来週の第2戦とリーグでの対戦がまだあるのであまり詳しくは言えないですけれど、彼らの特徴を抑えながら自分たちのストロング出していこうと戦って、すごく興味深いというか、これからにつながる試合ができたと思います。そして何より監督として今日はベンチで見ていてすごく楽しかった、面白かったという気持ちがあります。そういう試合で監督をやっているというのは本当に監督冥利に尽きるなと。今日出た選手たちは、湘南らしさというよりはサッカーの本質的なもの、奪ったあとにゴール方向へ出ていってそこでフィニッシュで終わって、取られたらまた自陣に帰るという部分をよく出してくれました。それができないのに戦術や、3バック、4バックとか、3-5-2なのか3-4-2-1とかいう数字上のこと、作戦盤上のところでごまかそうというようなサッカーを僕はしたくないので、本質的なものをしっかり選手たちがやってくれたというのは、非常に自分としても嬉しい試合でした。

確かに戦術云々以前に基本的なところで負けてたと感じます

球際やスプリントなどもっと戦えたのではないかな・・・と

まだ試合はあるのでやり返すチャンスはありますね。

ではハイライトです。

ベスト8進出の条件がキツすぎる!

最後に今回0-3で敗退しましたがH&A方式の為まだ90分残ってます。

ただしアウェイゴールは取れなかったのがずっしり効いています

6月9日の試合でベガルタは90分で勝つには4点以上取って無失点で終える必要があります。

 

ズラタン
む、無理ゲー・・・

 

ただ試合はやるまで分からない!!←空元気

 

最後の最後まで諦めることなく戦ってくれることを願います!

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!