ベガルタ仙台 野津田 岳人選手広島復帰をフライング発表?!

スポンサードリンク

どうもズラタンです。

広島からレンタル中の野津田がどうやらレンタルバック濃厚のようです。

さっきTwitterを見ていたらリツイートの中にとんでもないのが出てきました。

https://twitter.com/vegasapo7/status/938012650650288128

(現在は削除されているようです)

え~っと、なにこれ3年前にも同じようなことがあったような・・・。

 

今回のTwitterのはインスタグラムに投稿されたものが拡散されたようです。こういった所から広まる辺りまたなんとも言えないですね。公式発表が出てないですがほぼレンタルバック濃厚と見て間違いないでしょう。

ちなみに過去には柏レイソルの狩野選手がフライング発表をして福岡への移籍が無くなったこともあるのでSNSには細心の注意が必要な訳です。知人のミスで選手本人の人生が狂うことになり兼ねないのですから。

同じようなフライング発表で言うと以前所属していた赤嶺選手もガンバ大阪移籍発表前に個人のSNSで2年間大阪で頑張りますと言うコメントを残していきました。

個人の意識の低さなのかなんなのか分かりませんがJリーグやクラブの教育不足が招いた事件ではないかと思います。

とにかくリスク管理が無さすぎる。

 

 

選手の意向よりチームの意向

もし本当にレンタルバックだった場合は選手本人の意向ではなくサンフレッチェ広島の意向だと思います。現在広島は残留に導いたヨンソン監督は契約満了のようで、次期監督には城福監督とのうわさが出ています。

水面下で決まっていたとして野津田選手個人としてはベガルタではレギュラーだったのにわざわざ広島に帰る意味は無いでしょう。

戻らざる得ない理由としてはいくつか考えられますがおそらく可能性が大きいのは移籍金が折り合わず断念したパターンでしょう。

チームには予算が付き物です。そりゃ買い手は誰しも安く買いたいでしょうが売り手は少しでも高く売りたいものです。更に広島生え抜きの選手なら育成金も加わって金額が上がって目ん玉飛び出てそう。

他には来季のベガルタ仙台の戦力を削ぐ為に移籍させないパターンです。

今回の途中補強で一番輝いてたのは野津田選手でしょう。2シャドーに入りとても生き生きプレーしておりました。来季敵に回さないように敢えて回収しベガルタの戦力を落とす。理にかなった作戦ですね。

あとあるとすれば野津田選手本人が広島に帰りたいパターンです。

これは言われたらどうにもなんないですね。本人が帰りたいんだから(笑)

SNSは使い方を間違えなければとてもいいコミュニケーションツールですが使い方を間違えると社会的信用を失います。みなさんも使い方には注意しましょう。

 

結果野津田岳人選手は残留することになりました。

本当になんだったのでしょう?

野津田岳人選手 期限付き移籍延長のお知らせ

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください