群馬県へ車でアウェイ遠征した時のミスとは?

どうもズラタンです。

台風の影響で電車が遅れまくりスティでしたが大丈夫でしたか?

ちなみに私は車通勤なので大丈夫でした^^

さて、今回は9年前のJ2時代にアウェイに遠征した時の話です。

9年前というと2008年、J2で3位になり入れ替え戦に進んだ年です。

群馬県への遠征!

アウェイ遠征という位なので相手のホームゲームです。

ザスパクサツ群馬(当時のザスパ草津)との試合で会場は群馬県の正田醤油スタジアム群馬でした。

一応自宅にあったPCで大まかな場所は確認していたのですが、あとはカーナビで何とかなると高を括ってました。

後々考えるとこれが失敗の予兆でした・・・。

試合時間はナイトゲームで19時開始予定です。

群馬県と言うとみなさんはなにを想像しますか?

当時の僕は頭文字Dに感化されてたので榛名湖や、赤城山などのイメージしかありませんでした。

せっかく行くのだから観光をしようと思い朝の6時に友人2人と仙台から出発。

福島の国見辺りまではとても楽しく会話してました。

仙台から群馬まで概ね5時間。

ここでまず1つ目のミス。

それは自分の車を出したのでMT車(コンパクトカー)だったこと。

他の2人からは運転したくないと言われ、しかも排気量も小さいので大人3人乗ると加速しないのなんの。

ちなみに往復運転するハメになりました。

それでも休憩を挟みつつ群馬県まで到着!

群馬県に12時前位に到着し、ひとまず観光で伊香保温泉を目指します。

伊香保温泉ではご飯を食べて、日帰り入浴をし軽く仮眠を取ると16時過ぎ。

そろそろ試合会場に向かうことに。

ここで2つ目のミス。

痛恨!試合会場の天気予報を確認しなかった!

ハイ!どうしようもないですよね。

試合があったのは7月19日です、関東の暑さを舐めてましたね。

当時のベガルタは春の快進撃、夏の失速、なんて言われてて、

とにかく夏場に弱かったんですよ。勝ち始めると

「あぁ、秋になったか」

なんて言われる位にね。

でこの日は19時に28℃ありまして、ちなみに昼間は30℃は軽く超えてました。

個人的には30℃超えたら動く気しません。

スタジアムのベンチに座ってても汗が滝のように流れる位で、温泉入った意味がありませんでした。

ちなみにここでのミスは日帰りだからと着替えを持たずに行ったことです。

やはり、遠出の際は着替えは必須ですね。

特に夏場は・・・。

ついでに試合もスコアレスドローで終わりゴールシーンも見れず仕舞い。

まぁ負けなかっただけマシだよねとか友人と話して帰仙するんですが、

ここでトドメの3つ目のミス。

疲労で帰りの車内は兎に角グダグダ

これはミスというかは微妙な感じですが日帰りだとこんな感じですね。

まぁ~話が弾まない弾まないw

勝ってたり、点が入ってればまた違うんですが、

お互いに消極的にロングボールを蹴りあうこれぞJ2という展開で、

試合内容での引き分け。

特に語るないようも無く、来た道を引き返して行くのですが、

栃木と福島が異様に長く感じ、2時に国見まで戻った時についにダウン。

3時間仮眠をとり6時に仙台駅まで戻りました。

そこから自宅に戻り寝て起きたら夕方でした。

今回の失敗まとめ

  1. 移動手段の選択ミス
  2. 現地の天候などの情報収集と準備不足
  3. 試合結果←(!?)

3は勝負なんで仕方ないですが、1と2は事前にある程度調整効きますからね。

若さゆえの失敗というやつでしょうか?

もしアウェイ遠征しようと思ったら素直にツアーに申し込むか、

レンタカーでワンボックスを借りるなどして足を確保し、

日帰りではなく、1泊するのがオススメです。

あと、相手チームのオフィシャルサイトは必読です。

チームによって全然違うルールになってたり、

ちょっと遠くの駐車場しかなくて、タクシーを試合後に使おうと思ったら、

指定の場所以外拾えないなんてこともありました。

ちょっと遠くの遠征に行かれる際の参考になればいいなと思います。

⇓ポチッとして貰えるとありがたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2007年からベガルタ仙台を応援している元サッカー嫌いのズラタンと言います! 今年で10年以上ベガルタを追い続けてますが実は・・・この世のスポーツでサッカーが一番嫌いでした(笑) そんな私がサッカーという競技そしてベガルタ仙台というチームを愛して応援してますがそれには訳があります! サッカー嫌いがサポーターになった理由やベガルタの戦術をみなさんに分かりやすくお伝えします!