【スタジアムレビュー】ユアテックスタジアム仙台と楽天生命パーク宮城を比べてみた

スポンサードリンク

 

ズラタン

はいどーもこんにちは!ズラタンです!

唐突ですが今回はユアテックスタジアム仙台レビューをしてみたいと思います!

 

ズラタン

このレビューの目的はこれからベガルタを見に行ってみようと思う人にスタジアムが観戦の環境を知ってもらう為です。

 

 

ズラタン

家族サービスの一環でサッカー観戦をして、子供をつれて楽しめるのものなのか?

デートに誘った時にどんなものがあるのか?

気になってレビュ-を見たりしますよね?

なのでそういう部分を把握出来るようにまとめてみましたのでどうぞ!

 

 

いつもありがとうございます。ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

比較するスタジアムは?

今回比較するスタジアムは同じ宮城県に本拠地を構える東北楽天ゴールデンイーグルスの楽天生命パーク宮城です。

競技は違いますが同じ宮城県を本拠地とするスタジアムを比較対象としてユアテックスタジアムをレビューします!

まずは簡単に両方のスタジアムの歴史を見てみましょう!

 

 

 

 

 

スタジアムの歴史

まずはそれぞれのスタジアムの出来た年と簡単に歴史から触れたいと思います。

 

ユアテックスタジアム(仙台スタジアム)

1997年に開業し全天候型球技場として作られました。

ちなみに改装前の鹿島スタジアムをモデルに作られていて、鹿島スタジアムのいいとこどりとなってるスタジアムですね!

このユアスタをモデルにしたのがジェフ千葉の本拠地でもあるフクアリだったりします。

この3つはほぼ親戚みたいな関係でしょう。

ちなみにゴール裏に若干距離があるのはラグビーでも使用するのでその為に遠くなっていますが

どこから見ても見やすく屋根の反響を利用した応援は迫力があるので『劇場型スタジアム』とも呼ばれます。

2017年よりフリーWi-Fiも導入されました。

 

建築から20年を越えましたが未だに日本でもトップクラスのスタジアムです!

 

楽天生命パーク宮城(宮城球場)

写真は2017年のもの

1950年開業し楽天が本拠地として使用する際に改修したのが2005年で、その後幾度も改修を重ね現在の姿になっております。

ちなみに改装前の宮城球場はトイレも汚く酷い状態でした。

座席もベンチシートだったり、外野は芝生でした。

 

が、今では完全に別物になっています。

旧宮城球場をリフォームし、客席を増席したのでどうしても死角が出来てしましますが、

そこはモニター類で補うなど最新の設備で補助しています。

 

このスタジアム内には過去の宮城球場の名残が多数残されているのでそれを探すのも一興でしょう。

 

 

 

 

アクセスの差は?駅から何分?

ユアスタの最寄り駅はご存知仙台市営地下鉄泉中央駅ですね、改札を抜けて南に向かえば目の前には聖地が!

2Fのデッキから降りる都合もあり所要時間は駅から7分ほどです。

 

対する楽天生命パーク宮城(以下楽パ)の最寄はJR仙石線宮城野原駅です!

地上に出ると目の前には全国区の仙台育英高校があり、育英を見ながら見えるスタジアムへまっすぐ歩くだけ。

所要時間は駅から5分ほど。下の画像は写真撮影のポイントにもなってます!

 

どちらも最寄り駅から歩いて数分の立地となっておりアクセスについては優秀と言えるでしょう!

 

しいて差を言うのならばユアスタの方が仙台駅から地下鉄に乗り換えが必要(約16分)

あと運賃がユアスタに行くために市営地下鉄に乗ると仙台-泉中央間300円に対して

楽パはJRで仙台-宮城野原間140円となっており運賃面では楽パに分があります。

 

近隣施設で見てみるとユアスタは泉中央駅前に大型商業施設(セルバ等)があり、

楽パは仙台駅周辺がもっとも近い商業施設になるのかな?

徒歩だと仙台駅からは20分と遠いのでこの辺りはユアスタの方が立地がいいと思えます。

次はスタジアム内の飲食に関してです。

 

 

 

 

スタジアムグルメとドリンク類はどっちの方が優秀?

スタジアムグルメ(以下スタグル)はその地域の特産物や選手とのコラボがあったりと

運営が趣向を凝らしたものを準備しています。

ではどちらがより楽しめて、おいしいスタグルなのでしょうか?

 

スタジアムグルメ

スタグルの種類や店舗数では楽生命パーク宮城の方が圧倒的に選択肢が多いです。

有名チェーン店が入ってたりオリジナルビールの販売をしてたりなど幅がまるで違いました。

外にも露店が沢山あり夏場はビアガーデンのような感じになっていますしね。

選手のコラボフードは数が多く、弁当やラーメンなど沢山ありました。

流石は楽天というような豊富なラインナップで観客を飽きさせない為ですね。

 

ただ楽天生命パーク宮城のルールで弁当などの持ち込みに制限がされており球場内で購入するルールになっています(実際は持ち込んでる人多数)

 

ユアテックスタジアム仙台は弁当類の持ち込みなどの特別記載は無かったです。

なのでスタジアム内で買う必要もなく、ヨーカドーで買ってきてもいいし手作りで持ち込んでも大丈夫です。

楽天ほどの品数は無いですが、選手のコラボ弁当もありバックスタンド側で販売しています。

これも人気選手順に売り切れて行くので欲しい方は早めに入場しての購入をおすすめします。

ユアスタは再入場も可能なんで自由席だと席を確保してから買いに出かけることもできるので便利です!

 

↓↓↓アウェイ側などのエリアについてはコチラ↓↓↓

【ユアテックスタジアムの食糧事情】アウェイエリアの売店について

2017.01.28

続いて飲み物です。

 

ドリンク類

飲み物はユアテックスタジアムはビン、カンは移し替えが必要になっていてペットボトルは501ml以上は持ち込み不可

楽パはビン・カン・ペットボトルすべて持ち込み不可です。

 

アルコール類はユアスタで飲んだことないのですがおそらくこの点も楽パの方が選択肢が多いです。そもそもビールだけで数種類ありました。

つまりイーグルスを観戦に行くと飲食物はすべてスタジアム内売店等で買うことを求められます。

最後に店舗数ですが上でも述べたようにベガルタ仙台<<楽天イーグルスですね。

これは収容人数に対して普通は比例するものなのでユアスタより楽パの方が多いのは自然だと思います。

 

また楽天野球団としての色を出すために選手とのコラボや限定ビールなどをほとんどの店舗を出してるような感じがありました。

あとは席種の値段が高い方が売店は多くありますね(要はバックネット裏が沢山ある)

 

ベガルタはベガフーズと銘打ってようやくオリジナル商品を出し始めたばかりです。

数は少ないですが、むしろこれを僕は

 

ズラタン

伸びしろだと思いたいですねぇ←

 

 

 

 

スタジアムのシートや設備ってどんな感じ?

続いて座席(シート)と設備です。

ユアスタと楽パを比べた場合、楽パの方が最近改修したため近代的なスタジアムになっていましたね。

シート自体はどちらもプラスチックみたいな材質のイスですが、

楽天は場所(値段)によってクッション(地味だけどプラス材料)が元々付いているものもありました。

スタジアム自体もメジャーを意識した作りになっているようでした。

ボックスシートカウンターシートも日本というよりは海外っぽいです。

画像はボックスシートの時のです。このようにクッションを持って行かなくてもいいし、なによりテーブルがあるのいいですね!

 

 

両スタジアム比べた時の最大の差はドリンクホルダーの有無だと思います。

楽天の試合は会社の先輩にお任せの為ほぼ指定席だったのですが、

ドリンクホルダーがあったり先ほども言ったようにテーブルが付いてるボックスシートになってたりと様々でした。

 

対するユアスタは全席背もたれ付きとなっており足元もそれなりのスペースがありますが残念ながらドリンクホルダーはありません。

そのため時より上から洪水のようなビールが流れてきたことがあります。

テーブル類は無いので膝の上か隣の人が来るまで席をお借りすることがほぼほぼですね・・・。

これから見ても分かるように楽パは競技を観戦しながら飲み食いをするのを前提として作られているのです。

ユアスタは競技を観戦することだけを前提としているようなのでこれでは差が付いても仕方ないと思われます。

 

ただ楽パにはないものがユアスタにはあります。

 

全天候型の特権!客席を覆う大きな屋根

それは最大の特徴でもある観客席を覆う屋根!これにより声援が反響して試合も盛り上がります。

何より雨や雪が降っても濡れません!(重要な部分です)

 

ちなみにベガルタの社長がずいぶん押してたWi-Fiも両スタジアムに完備されてます。

接続方法は楽天のほうが面倒な登録がないので簡単でした。

競技を飲み食いしながら観戦する前提での快適性で言えば楽パのほうが良かったと言えるでしょう。

但し雨が降ったらユアスタの方が濡れないので快適です。

 

トイレはどちらも水洗トイレです。個室トイレはウオシュレットなど無いふつーのトレイですね。

ただし客席の多さからユアスタ<<楽パになります。

↓↓↓ユアスタのトレイのまとめ記事はコチラです↓↓↓

【ベガルタ仙台 観戦初心者必見】試合中のトイレに行くベストなタイミングとは?

2018.08.18

 

 

 

 

まとめ

まとめると・・・

 

まとめ!

アクセス面は楽パが駅から5分(140円)。ユアスタが駅から7分(300円)

ただし近場の商業施設ではユアスタが若干有利。

スタジアムグルメは楽パの方が種類が豊富、ただし値段は高めで持ち込み不可

ユアスタは値段は楽天と同じかちょい低め、だが持ち込み可能

座席はユアスタ<<楽パになりドリンクホルダーがユアスタにはないのでこぼれる危険性があります。

ただユアスタは屋根があるので余程前方でない限り濡れない!

トイレはどちらも水洗の普通のトイレ。

 

ベガルタ楽天の両方を観戦し共通で感じたのは非日常的な空間は間違いないということ

なので試合内容を考えなければ楽しめること間違いなしです!

 

 

いつもありがとうございます。

ポチッって貰えると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください