~こりゃクリスランは来年居ないなぁ~@新潟戦

運動会シーズンですが皆さん場所取りはシート貼りで慣れたものですよね?
どうもズラタンです。さて今日はテレビ放送が中止になった新潟戦でした。

もはや定番の失点シーン?!

スタメンは以下の通りです。
ホームでボールを握るベガルタとアウェイで引いてカウンターを狙うアルビレックスの構図は試合前から新聞などで言われていましたが失点シーンはアルビレックスの狙い通りの展開でした。

62分に新潟ペナルティーエリア前で不用意にボールを失うと手数を掛けずに前線へ配給。ゴール前でごちゃごちゃしたところをかっさらわれてシュートからの失点でした。

前半からカウンターを浴びる展開はあったものの何とか耐えていたがついにという形で上位チームと対戦した時はいつも見た展開でしたね。

これぞワールドクラスなボレーシュート!

失点から4分後の66分にベガルタは梁 勇基 → 西村、石原 → クリスランを同時に投入。これは浦和の監督さんもよくやる交代ですね。クルピもよくやってました。

守っていた新潟を徐々に押し込んでいくと74分に蜂須賀→ 中野を投入。これにより更に右サイドも活性化し左の永戸へのスペースも出来る交代でした。

83分に西村とのワンツーで抜け出したクリスランが富澤に足を掛けられPKをゲット。これをクリスランが決めて同点!
さらに84分には新潟のロングボール増嶋がクリアして三田が回収。そのままサイドの永戸に出すと相手の選手が寄せる前にクリスラン目掛けアーリークロスを上げるとこれを左足でトラップして落とすとバウンドに合わせてダイレクトボレー!これがネットに突き刺さって逆転!時間にして3分とあっという間の出来事でした。

逆転後鈴木武蔵に抜け出されてGKと1対1となったシーンがあったがそこはシュミットダニエルが体に当ててセーブし難を逃れる。
その後は上手く試合をクローズして札幌戦以来のホームでの勝利となりました。

ではハイライトをどうぞ!