あとは最後の精度だけ、だけどそれはどこでも共通の課題@マリノス戦

どうもズラタンです。今日は暑かったですね~こんな日は冷たいビールに限ります。

さてこんな気温でも試合がありました。ベガサポの関東勢の応援は熱いですね!ホームに中々来れないから暑さに負けない白熱したサポートが聞こえました。

ではハイライトです。

ボクシングといい判定に文句を言いたいとこですが仕方ないですね。(#^ω^)

アウェイで相手を押し込みATまでは上出来な内容なのに・・・

おそらく大宮戦と同じ位上手く行ってたんではないでしょうか。あとは決めるだけの展開でした。

クリスランが足首痛の為ベンチスタートとなりフィニッシャーが居なかったのもあります決めてほしい内容です。

押し込んで(マリノスから見たら持たせてた)て前がかりの時にパスミスから裏を一発で取られ大岩のカバーも間に合わず失点。前半のATの失点という相手からしたらとても良い時間帯の先制ですね。ベガルタからしたら最悪の時間です。

途中出場だが光る中野の存在感

時間にして69分に中野が今季初出場しました。連携などの部分でまだ合わない所はありましたがボールを持つと蜂須賀とは違ったリズムでのドリブル。キャンプでは主に左WBでの出場でしたが現在永戸がレギュラーを掴んでます。左一辺倒の攻撃が中野が右に入ることで相手のケアする部分が増えるので効果的だと思います。

更に前半得点を決めた前田とおそらく負傷が原因で早めの交代?の齋藤この2人が抜けてカウンターの際にボールを運ぶ人数が減ったマリノス。77分にCKから大岩がドフリーのヘディングで同点ゴール!試合はそのまま動かず1-1のドローでした。

もっとシュートの意識を!

シュート数が一番多かったのがDF大岩となってたようですがもっと前目の選手が打っていいんじゃないですかね?過去にSBで攻撃的な菅井が7点取ってるから入ればいいじゃんとか思ったり(;^ω^)

三田や富田が絡むと一時的にマークがズレたりスペースが空いたりするのでその辺りを上手く使えると楽に点が取れると思います。

>ただ簡単には出来ないでしょうし、現に広島も浦和も時間が掛かって行きついたスタイルでもあるのでやはり時間を掛けて落とし込む必要はあると思います。

では今日はこの辺で。